日本女侠伝 真赤な度胸花 作品情報

にほんじょきょうでんまっかなどきょうばな

藤純子(現:富司純子)主演の日本女侠伝シリーズ2作目

開拓期。北海道札幌。博労総代の松尾兼之助は、馬市の利権をめぐって、博徒大野金次郎の子分に射殺された。それを目撃した飼子頭の源次を捕えた大金は、源次を脅迫して博労総代に立てた。一方松尾の番頭七兵衛は、兼之助の遺言通り、松尾の一人娘・雪を九州から呼び寄せ、後継者になるように説得したが、雪は断わった。しかし、兼之助の遺書を見て、父の跡をつぐ決心をした。理事会の表決は割れて、黒白をつけるには、行方不明の理事風見五郎の一票が必要になった…。

「日本女侠伝 真赤な度胸花」の解説

『日本暗殺秘録』の笠原和夫が脚本を書き、『新網走番外地 流人岬の血斗』の降旗康男が監督したシリーズ第2作。撮影は、『緋牡丹博徒 鉄火場列伝』の古谷伸が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督降旗康男
出演藤純子 小沢栄太郎 石山健二郎 山本麟一 小松方正 五十嵐義弘 浅松三紀子 山城新伍
制作国 日本(1970)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「日本女侠伝 真赤な度胸花」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:44

広告を非表示にするには