真田幸村の謀略 作品情報

さなだゆきむらのぼうりゃく

真田十勇士の戦いを描く

慶長15年、天下統一の野望を成就しようとする家康は、名古屋城を造営して、大坂城の豊臣秀頼一党を討つための準備を進めていた。一方、真田昌幸・幸村父子は、紀州・九度山で残り少ない家臣と共に、戦いの決意を固めていたが、家康は間者を潜入させ、昌幸を殺害する。幸村の妻・綾は自刃を遂げた。幸村は穴山小助のみを残し、他の家臣を上田城へ帰し、家康側についた兄・信幸と決別、一匹狼の道を選んだ。亡父の意志を継ぎ、家康の首をとる決心をした幸村は、家康の送った服部半蔵に殺されてしまった戸沢白雲斎の残した人名帖から、諸国を放浪する草の者を集めた。

「真田幸村の謀略」の解説

関ケ原の戦いで敗退した真田幸村が、天下統一の野望を成就しようとする家康の首を狙って、真田十勇士と共に、さまざまな謀略に打って出る姿を描く。脚本は『やくざの墓場 くちなしの花』の笠原和夫「団鬼六 縄と肌」の松本功、『ひと夏の秘密』の田中陽造、『総長の首』の中島貞夫の共同執筆、監督も同作の中島貞夫、撮影は『地獄(1979)』の赤塚滋がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中島貞夫
出演松方弘樹 寺田農 あおい輝彦 ガッツ石松 野口貴史 森田健作 火野正平 岩尾正隆 岡本富士太 真田広之
制作国 日本(1979)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「雪風」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2020-08-04

東映豪華オールスター空想SF時代劇です。隕石落下から始まる内容で、その後は、なんやこりゃの連絡ですが、役者さん達は真面目に演技してるので、なんか面白く楽しめました。猿飛佐助が宇宙人とは予想外でした。若い頃の千葉県知事も出演してますよ。

最終更新日:2020-09-16 14:20:12

広告を非表示にするには