ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS 作品情報

ごじらもすらめかごじらとうきょうえすおーえす

ゴジラ誕生50周年目前! 衝撃の最終決戦が、人類に不変のメッセージを投げかける。

整備士の中條義人(金子昇)は、1年前にゴジラと戦い損傷したメカゴジラ『機龍』の修復を担当していた。ある日、義人が叔父の信一の別荘で休暇を過ごしていると、彼らの前にインファント島の小美人が現れる。小美人は、人間がゴジラの骨から機龍を作り上げた過ちを訴え、もしも機龍が出動すれば、モスラは人類の敵になる、と忠告する。信一は、旧友である五十嵐総理大臣に、機龍プロジェクトの中止を勧めるが、その頃、太平洋ではすでに、再びゴジラが姿を現していた。

「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」の解説

2004年、ゴジラがスクリーンに登場してから50年目を迎える。前作では、1954年の初代ゴジラの骨から作り上げたメカゴジラが初登場し、熾烈な戦いを繰り広げた。そして今回、ゴジラ同士の戦いがいよいよ終結する。鍵を握るのは、かつて東京を襲ったモスラと、インファント島の小美人。モスラと小美人を信じて見守った言語学者、中條信一から、メカゴジラの整備士となった甥、義人へと役割が受け継がれ、ゴジラ映画の歴史が脈々と流れているのを感じるだろう。

戦闘アクションでは、東京のシンボルである国会議事堂や東京タワーが破壊され、これまで以上の迫力。特殊効果はもちろん、その裏側にある人間ドラマにも注目したい。義人の葛藤や、操縦士との対立など、複雑な感情も描かれていく。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年12月13日
キャスト 監督手塚昌明
出演金子昇 小泉博 中尾彬 吉岡美穂 虎牙光揮 高杉亘 長澤まさみ 大塚ちひろ
配給 東宝
制作国 日本(2003)
上映時間 88分

(C)2003 TOHO PICTURES,INC.TM&(C)2003 TOHO CO.,LTD.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-07 13:25:22

広告を非表示にするには