流血の抗争 作品情報

りゅうけつのこうそう

巨大な組織暴力団と地元のヤクザの抗争を描く

ニュータウンとして一躍脚光を浴びてきた新興都市K市。秋庭一家と志村組が共存してきたこの町も、新しい利権を求めて東京から進出してきた誠心会、宇田川組のために不穏な空気に包まれ始めた。秋庭一家の代貸で二代目を襲名することになっている手塚が出所しようとしている頃、宇田川組は荒井を使って志村組につき、誠心会は星野を使って、秋庭一家の留守を預かる幹部増沢を、預り盃と称して人質同然に東京の本部に連れ去ってしまった。

「流血の抗争」の解説

新しい資金元を求めて次々と新興都市を喰いつぶす巨大な組織暴力団と地元のヤクザの抗争を描く。脚本は『野良猫ロック 暴走集団'71』の永原秀一。監督は『男の世界』の長谷部安春。撮影は『関東幹部会』の山崎善弘がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督長谷部安春
出演宍戸錠 佐藤允 梶芽衣子 藤竜也 植村謙二郎 三田村元 三条泰子 沖雅也 戸上城太郎 内田良平
制作国 日本(1971)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「流血の抗争」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-03-19 00:01:02

広告を非表示にするには