日本一のヤクザ男 作品情報

にほんいちのやくざおとこ

植木等主演の“日本一”シリーズの第8作目

頃は昭和初期。日本一郎は新興ヤクザ根本組への一宿一飯の恩義から土地の親分、前野組の組長に尋常の勝負を挑んだ。だが、そこは調子のイイ一郎のこと、前野を逃して、礼金だけせしめ、トンズラする手筈だった。ところが、殺らないはずの前野が死んだと聞いて、腑に落ちなかったが、たまたま召集令状が舞いこんだため兵隊よりは懲役の方がマシと自首することになった。それからX年。再びなつかしの地に戻った一郎だが、相変らず前野組と根本組のいがみ合いは続いていた…。

「日本一のヤクザ男」の解説

“日本一”シリーズの第8作、植木等の無責任ヤクザぶり。脚本は『喜劇 負けてたまるか!』の田波靖男、監督は『蝦夷館の決闘』の古沢憲吾。撮影は『続社長学ABC』の長谷川清が担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督古沢憲吾
音楽山本直純
出演植木等 司葉子 小林夕岐子 藤田まこと 山下洵一郎 左とん平 横山道代 野川由美子
制作国 日本(1970)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「日本一のヤクザ男」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:29

広告を非表示にするには