瀬戸はよいとこ・花嫁観光船 作品情報

せとはよいとこはなよめかんこうせん

明石・鳴門を舞台に、色と欲に踊る男女を描く“よいとこシリーズ”第1作目

ここは本州四国連絡架橋の一つ、明石-鳴門ルートの起点、明石町。パチンコ屋の主人、青木大作は、架橋工事が再開されるという情報をキャッチして、何はさておき、頭を押えられている女房波江にご注進に及んだ。波江は、かねてより橋が出来た日に備えて、淡路島の岩屋に一大リゾートホテルの建設を考えていた。波江は早速、淡路島の旅荘兼釣宿「防人荘」の買収工作を大作に命令した。「防人荘」の主人、山村新一は、明石で進学塾を経営し、「瀬戸内の自然を守る会」のリーダーでもある。

「瀬戸はよいとこ・花嫁観光船」の解説

本州と四国を結ぶ、本四連絡架橋の建設再開をひかえた、明石・鳴門を舞台に、色と欲に踊る男女を描く旅行喜劇“よいとこシリーズ”第一作。脚本は監督の瀬川昌治と大川久男、監督は『正義だ!味方だ!全員集合!!』の瀬川昌治、撮影は『やさぐれ刑事』の丸山恵司がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・脚本瀬川昌治
音楽いずみたく
出演フランキー堺 財津一郎 山城新伍 朝丘雪路 日色ともゑ 田坂都 ミヤコ蝶々 春川ますみ 村地弘美 エリザベス・クイーン
制作国 日本(1976)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「瀬戸はよいとこ・花嫁観光船」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-10-15 00:01:09

広告を非表示にするには