バレット モンク 作品情報

ばれっともんく

亜州影帝・チョウ・ユンファ主演最新作は、和魂洋才風ヒーロー・アクション!

世間と隔絶したチベットの山中。その地では世界を変える力を持つという奇跡の巻物が、代々守り伝えられている。60年に1度、3つの預言を成就した者が巻物の守護者となり、超人的な力を授かるのだ。そして間もなく60年の節目が訪れようとしていた。その頃、ニューヨークに一人のチベット僧(チョウ・ユンファ)が現れる。彼こそは現在の巻物の守護者。自分の後継ぎを探して、世界を旅していたのだった。僧はストリート・ギャングの一味と果敢に戦う青年・カー(ショーン・W・スコット)に出会い、その素質を見込むが…。

「バレット モンク」の解説

亜州影帝―アジア映画の帝王、の異名をとるチョウ・ユンファ主演のアクション巨編。プロデュースにはジョン・ウーが名を連ね、かの傑作『男たちの挽歌』の黄金コンビがハリウッドで再結成されたことでも話題を呼んでいる。その内容は、現在のアクション映画の成り行きをリミックスしたもの。第1にマーシャルアーツに代表される香港活劇のテイスト。第2にブラック・パワーが牽引するストリート・カルチャー。第3にアメコミの実写化に象徴されるヒーロー映画の復権。これら3つの要素をベースに、痛快な物語が展開してゆく。

そんな中でもやはり見るべきはチョウ・ユンファ。髪を短く刈った穏やかな僧侶は、始めの内は冴えないオジサンにしか見えないが、いざ見せ場が訪れると豹変。トレードマークの二丁拳銃をぶっ放す場面は、鳥肌が立つ程の格好良さだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年1月17日
キャスト 製作総指揮ジョン・ウー
製作テレンス・チャン
監督ポール・ハンター
音楽エリック・セラ
出演チョウ・ユンファ ショーン・ウィリアム・スコット ジェイミー・キング
配給 東芝エンタテインメント
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 103分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「バレット モンク」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-04 16:14:07

広告を非表示にするには