白昼堂々 作品情報

はくちゅうどうどう

渥美清主演の“スリ”を題材にした喜劇

ワタ勝こと渡辺勝次は、名の通ったスリだった。しかし、敏腕なスリ係の刑事森沢の説得もあり、堅気になって九州の炭坑で働いていた。ワタ勝は間もなくヤマがつぶれたのを機会に、仲間を集めてスリの集団組織をつくり上げたのだ。ワタ勝は東京のデパートに狙いをつけ、大仕掛けな万引きをやる計画を立てた。東京に向ったワタ勝は、盗品をさばくために昔のスリ仲間銀三を口説いた。銀三は更生してデパートの警備員となり、女房の春子は小さいながら洋品店を営んでいた。

「白昼堂々」の解説

結城昌治の原作(「週刊朝日」所載)を、『天使の誘惑』の野村芳太郎と『濡れた逢びき』の吉田剛が共同で脚色、野村芳太郎が監督した喜劇。撮影は『こわしや甚六』の川又昂。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・脚色野村芳太郎
原作結城昌治
脚色吉田剛
出演渥美清 倍賞千恵子 藤岡琢也 大貫泰子 三原葉子 有島一郎 高橋とよ 新克利 生田悦子 江幡高志
制作国 日本(1968)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「白昼堂々」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-01-08 00:01:49

広告を非表示にするには