新網走番外地 作品情報

しんあばしりばんがいち

“網走番外地”新シリーズ第1弾!

昭和23年。復員して来た末広は、新橋駅頭で、進駐軍兵士に無理矢理連行される日本人娘を救った。だが、兵士にパンチを浴せた末広は、即刻逮捕され、北海道の米軍刑務所に送られた。4ヵ月後、末広は再び故郷新橋の士地を踏んだ。しかし、家は焼けて跡かたもなく、母や妹の消息も知れなかった。その頃新橋は、北口の石津組と、南口に努力を張る華僑連合が対立していた。松鐘組の残党小松は、石津組にことごとく楯をついていたが、ある日袋叩きにあっているところを末広に助けられ、以来末広の後を離れなかった。そんな折、末広は出世前の仲間源吉とめぐり合った…。

「新網走番外地」の解説

伊藤一の原作「網走番外地」を『極悪坊主 人斬り数え唄』の村尾昭が脚色し、『ごろつき』のマキノ雅弘が石井輝男からうけついで監督する新シリーズ第一作。撮影は『喜劇 団体列車』の坪井誠が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督マキノ雅弘
原案伊藤一
出演高倉健 三橋達也 長門裕之 山本麟一 松尾嘉代 今井健二 水島道太郎 志村喬 佐々木愛 ジェリー伊藤
制作国 日本(1968)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「新網走番外地」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:07

広告を非表示にするには