仁義なき戦い・頂上作戦 作品情報

じんぎなきたたかいちょうじょうさくせん

深作欣二監督が贈る、“仁義なき戦い”シリーズ第4作目

昭和38年春/西日本広域暴力団明石組と、ライバル神和会との代理戦争とも言うべき広島抗争は、激化する一方だった。明石組系の打本組(広島)と広能組(呉)、神和会系の山守組(広島)の双方は、はっきりと対立の様相を呈していた。同年5月相次ぐ暴力事件への市民の批判と相まって、警察は暴力団撲滅運動に乗り出し“頂上作戦”を敷いた。その頃、呉市では広能組が、山守組傘下の槙原組と対立していた。広能と打本は、広島の義西会・岡島友次に応援を依頼し、ひたすら中立を守る岡島を、明石組の岩井も説得する。やがて、広能組の若衆河西が、槙原組の的場に射殺されたことから、広能と山守の対立は正に一触即発となった…。

「仁義なき戦い・頂上作戦」の解説

“仁義なき戦い”シリーズ第四作目。昭和38年春から39年へかけて、敵対する二つの広域暴力団の代理戦争とも言うべき広島抗争を、リアリズム・タッチで描く。原作は飯干晃一の「仁義なき戦い」、脚本は「仁義なき戦い 代理戦争」の笠原和夫、監督も同作の深作欣二、撮影も同作の吉田貞次がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督深作欣二
出演菅原文太 八名信夫 黒沢年男 野口貴史 加藤武 西田良 長谷川明男 有川正治 小林稔侍 今井健二
制作国 日本(1974)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「仁義なき戦い・頂上作戦」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-12-04 14:52:36

広告を非表示にするには