天城越え 作品情報

あまぎごえ

松本清張原作の同名小説を映画化

静岡で印刷屋を営む小野寺のもとに、田島と名乗る老人が、県警の嘱託で「天城山殺人事件」という刑事調書の印刷を依頼しに来た。原稿を見て激しく衝撃を受けた小野寺は14歳の頃を思い浮かべる。小野寺は14歳の時、母の情事を目撃し、それまで彼にとって、神であり恋人であり、亡き父を裏切った母が許せず、静岡にいる兄を訪ねて1人で天城越えの旅に出た。少年は素足で旅する若い娘ハナと出会い、少年は美しいハナに母の面影を感じる。ところが、道中、ハナは1人の土工に出会うと、男と歩きだした。気になった少年が後を追うと、草むらの中で情交を重ねる2人を目撃する。その土工が殺された。ハナが容疑者として逮捕される。

「天城越え」の解説

14歳の少年と娼婦が天城峠を旅しているとき起きた殺人事件と、30年間、事件を追い続けた老刑事の姿を描く。松本清張の同名の小説を映画化したもので、脚本はこの作品が監督デビュー作となる『夜叉ヶ池』の三村晴彦と『炎のごとく』の加藤泰の共同執筆、撮影は羽方義昌がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・脚本三村晴彦
原作松本清張
出演渡瀬恒彦 田中裕子 平幹二朗 伊藤洋一 吉行和子 金子研三 小倉一郎 石橋蓮司 樹木希林 坂上二郎
制作国 日本(1983)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「天城越え」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-16 14:20:12

広告を非表示にするには