阿修羅のごとく 作品情報

あしゅらのごとく

恐ろしきかな女たち。辛辣さとユーモアに満ちた人間ドラマ

堅物で通っている老いた父親(仲代達矢)に愛人がいるらしい。三女・滝子(深津絵里)が突き止めた一大事に、普段は疎遠な四姉妹が急遽顔を揃える。が、姉妹にも内に秘めた憂いがそれぞれあった。長女・綱子(大竹しのぶ)は未亡人だが不倫相手がいる。次女・巻子(黒木瞳)は夫の浮気を疑い、潔癖な性格の三女は素直に恋愛ができない。幼い頃からみそっかす扱いの四女・咲子(深田恭子)が献身的につくす同棲相手は、芽の出ないボクサーだ。父の裏切りを、母(八千草薫)に気取られないようにすることだけは揃って賛同するのだが…。

「阿修羅のごとく」の解説

女性は二面性どころか、より込み入った感情を抱えて生きている。愛想の良い笑顔の下には、阿修羅像のように嫉む心、疑う心、争う心が渦巻いていたりするもので、それが、日常のふとした拍子にひょいと顔を出す。そのおもしろさを嗅覚鋭くすくい取ったのが原作者向田邦子だった。今回、24年前にNHKで放映されたテレビドラマの傑作を、一本の映画作品に編み直した脚本の筒井ともみの功績は大きい。

いがみ合いながらもお互いを慈しむ心で、外敵に対しては結束固く庇い合う四姉妹を、昭和50年代の茶の間のある風景そのままにスクリーンに甦らせた。日々の波風に見て見ぬふりをしながらも、本音のところでは一生忘れることはない。そんなしたたかな女たちの“阿修羅”な素顔に、男たちはたじろがざるを得ないだろう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年11月8日
キャスト 監督森田芳光
出演大竹しのぶ 黒木瞳 深津絵里 深田恭子 仲代達矢 八千草薫 小林薫 中村獅童 RIKIYA 坂東三津五郎 桃井かおり
配給 東宝
制作国 日本(2003)
上映時間 135分

(C)2003「阿修羅のごとく」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-03-13

そして向田邦子原作のドラマ「小鳥が来る日」も又,久世光彦演出,加藤治子,小林薫,田中裕子,戸田菜穂,田畑智子,町田康,四谷シモン等の出演のホームドラマ。駄目親父の小林が笠智衆見たいで味わい深い

最終更新日:2019-11-12 15:21:14

広告を非表示にするには