男はつらいよ 寅次郎物語 作品情報

おとこはつらいよとらじろうものがたり

シリーズ39作目は、母捜しの旅を描く

秋晴れの昼さがり「とらや」を秀吉という男の子が訪ねて来た。秀吉は寅次郎の香具師仲間“般若の政”とふでの子供だった。しかし政は女・酒・賭博に溺れたあげく、ふでに蒸発された。それからの政は秀吉を連れて放浪の生活を送っていたが、病に冒されこの世を去ってしまった。「俺が死んだら寅を頼れ」という遺言に従い、秀吉は郡山から柴又へやって来たのだ。事情を聞いて「とらや」の皆はびっくりするが、間もなく寅が帰ってきた。寅と秀吉の母親捜しの旅が始まった。

「男はつらいよ 寅次郎物語」の解説

死んだ香具師仲間の遺児と母親探しの旅をする寅次郎の姿を描く「男はつらいよ」シリーズの第39作目。山田洋次原作の映画化で、脚本は『男はつらいよ 知床慕情』の山田と朝間義隆が共同で執筆。監督は同作の山田洋次、撮影は同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・原作・脚本山田洋次
音楽山本直純
出演渥美清 倍賞千恵子 秋吉久美子 五月みどり 伊藤祐一郎 下絛正巳 三崎千恵子 前田吟 太宰久雄 佐藤蛾次郎
制作国 日本(1987)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「男はつらいよ 寅次郎物語」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-14 09:28:17

広告を非表示にするには