天才詐欺師物語 狸の花道 作品情報

てんさいさぎしものがたりたぬきのはなみち

小林桂樹、天才詐欺師になる!

競輪狂のため、三度も女に捨てられた仙田喜市は、恋女房テル子になんとか気に入られようと、金儲けを考えた。喜市は子供の頃から、舌先三寸で人を騙すことに長けていた。この特徴を生かすのだ。喜市は、ある時は本日開店のパチンコ屋店主に、また放送局員に化けタバコ専門の詐欺師となって、競輪に熱中した。喜市の口が機械のように回転し始めた頃、自から警察の庭へと駈け込んで、刑務所行きとなった。犯行73件、総額203万40円。だがここでも喜市は、素晴しい演技力を発揮して、取り調べの刑事小仏の同情をもひいていた…。

「天才詐欺師物語 狸の花道」の解説

町田浩二の原作「詐欺の天才奮戦記」を平戸延介が脚色『銀座退屈娘』の山本嘉次郎が監督した喜劇。撮影は『蟻地獄作戦』の小泉福造。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督山本嘉次郎
音楽広瀬健次郎
出演小林桂樹 三木のり平 森繁久彌 山茶花究 淡路恵子 坂部尚子 坂部紀子 司葉子 伊藤久哉 志村喬
制作国 日本(1964)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「天才詐欺師物語 狸の花道」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-01-30 00:02:12

広告を非表示にするには