バリスティック 作品情報

ばりすてぃっく

強い、強い、クールなヒロインが暴く陰謀と裏切りの過去

国防情報局DIA長官ガントの幼い息子マイケルが、女に連れ去られる。その捜査を元FBIエージェントのエクス(アントニオ・バンデラス)が行う事に。かつて妻の爆死を目撃して以来、第一線から退いていたが、実は死んだはずの妻は生きていて、その消息はマイケルを誘拐した犯人だけが知っていると聞かされる。誘拐犯がDIA屈指の殺人マシーンとの異名を持つシーバー(ルーシー・リュー)であることを突き止めるエクス。さらに、事件の背後には最新の生物兵器《ソフトキル》をめぐる陰謀が渦巻いていた…。

「バリスティック」の解説

一枚の美しいフォトグラフに凝縮された過去。ルーシー・リュー扮する孤高の女シーバーの素顔やその行動の理由などは、ほとんど語られない。そして、通常、一匹狼といえば、エクス役のバンデラスのような渋めの男優の役どころだが、本作ではシーバーもまた単独でプロフェッショナルな仕事を見せてくれる。ほとんど表情をかえず、スマートで、小気味よいルーシーの身のこなしには、『チャーリーズ・エンジェル』シリーズとは一味も二味も違うカッコ良さがある。

迫力満点の爆破シーンや、主演の2人がスタントなしでこなしたというアクション。それが生かされるのも、その裏にあるドラマや人物像が伝わってこそ。ハリウッド・デビューを飾ったタイ出身の新しい才能カオスの監督手腕は火薬の扱いのみに止まらないようだ

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年10月4日
キャスト 製作・監督カオス
出演アントニオ・バンデラス ルーシー・リュー レイ・パーク グレッグ・ヘンリー タリサ・ソト ミゲル・サンドヴァル テリー・チェン
配給 ギャガ=ヒューマックス
制作国 アメリカ(2002)
上映時間 90分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「バリスティック」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:42:14

広告を非表示にするには