茄子 アンダルシアの夏 作品情報

なすあんだるしあのなつ

捨てたはずの故郷だった。ひたすら遠くへ行くために

“ツール・ド・フランス”“ジロ・デ・イタリア”と並ぶ世界3大自転車レースの一つ“ブエルタ・ア・エスパーニャ”。スペインを一周するこのレースに挑むペペ・ベンネリ(声:大泉洋)は、解雇寸前の落ち目のレーサーだ。やがて故郷アンダルシアの村にさしかかる。かつて失望を味わったその土地は、過去に葬り去りたい場所だった。その日はちょうど兄アンヘル(声:筧利夫)と、昔ペペの恋人だったカルメン(声:小池栄子)の結婚式。ペペは疾風のように駈け抜ける。勝つことよりも、自分が存在する意味を見出すために…。

「茄子 アンダルシアの夏」の解説

レースのスピード感や躍動感がリアルに伝わってくる。観客が目にするのは、文字通り疾走する夏だ。黒田硫黄のコミック「茄子」の中の一編をとりあげて、監督デビューを果たした高坂希太郎監督は、宮崎駿監督の一番弟子にして、『千と千尋の神隠し』の作画監督をはじめ、スタジオジブリ作品を支え続けてきた天才アニメーターである。

一つも無駄のない凝縮された47分間に、レースを追いながら、兄と弟の“自転車”と“カルメン”を巡る葛藤が見事に描かれている。これは男と男と女のオトナのドラマでもあるのだ。第56回カンヌ映画祭監督週間に、日本アニメ史上初めて正式出品されたのも納得。映画の後にはきっと、ワイン(ビールじゃ無粋!)と、アンダルシア名物“茄子漬け”を味わってみたくなる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年7月26日
キャスト 監督・脚本高坂希太郎
原作黒田硫黄
声の出演大泉洋 小池栄子 筧利夫
配給 アスミック・エース エンタテインメント
制作国 日本(2003)
上映時間 47分

(c)2003「茄子 アンダルシアの夏」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「茄子 アンダルシアの夏」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-22 14:17:59

広告を非表示にするには