BORDER LINE 作品情報

ぼーだーらいん

人生のボーダーラインにいる5人の男女。運命の糸にひかれるように、知り合うことのない人々が巡りあう

工業高校に通う周史は学校にも社会にもなじめない。宮路は出世しそこねたヤクザで、43歳になっても組の集金係。集金した金さえ弟分に持ち逃げされてしまう。主婦の美佐は念願のマイホームを手に入れたが、夫はリストラ、小学生の息子は学校でイジメにあっている。黒崎はうだつのあがらない毎日を送っている、アル中のタクシー運転手だ。彼はある日、飛び出してきた自転車に衝突するが、その自転車に乗っていたのは周史だった…。

「BORDER LINE」の解説

『青~chong~』で、2000年のPFFアワードグランプリを受賞した李相日監督による、初の長篇監督作品。これが長篇デビューとは思えない演出力で、2時間の中に多くの要素を入れながらも、まったく飽きさせることがない出来に仕上がった。登場するのは、親殺しの高校生、生きる目的を見出せないヤクザ、精神的に追いつめられた主婦、根は優しいがうまく生きることができないタクシー運転手、愛に恵まれずに成長した援交女子高生など、ボーダー(ギリギリ)まで追いつめられている人々ばかり。

ヘヴィーな話も深刻になり過ぎることなく、ときにはユーモラスな場面さえも交え、サラっと進んで行く。その方が、より現実感を感じることを、李監督は知っているのだろう。さらに俳優たちの抑えた演技が物語にリアルさを与え、中でもタクシー運転手役の村上淳の演技が、いいアクセントになっている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年6月28日
キャスト 監督・脚本李相日
出演沢木哲 前田綾花 村上淳 光石研 麻生祐未
配給 ぴあ
制作国 日本(2002)
上映時間 118分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「BORDER LINE」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:41:49

広告を非表示にするには