33 1/3r.p.m 作品情報

さんじゅうさんかいてん

和製ロックに乗せてくりひろげられる青春ムービー

70年代の高円寺。高校を中退して上京し、浪人中の“僕”。学生運動をちょっとかじって、喫茶店にたむろし、夜はキャバレーでアルバイトをしている。「何を思って生きてる?」ってよく言われる。毎日が切なく、全てが中途半端だ! でも、どうしたら? ある日キャバレーに新入りホステス彩がやってきた。集団リンチから逃げていた僕を助けてくれた女性。あの日からずっと好きだった。でも、彼女のヒモはどうしようもない最低男。「絶対、守って見せる」って誓ったのに。

「33 1/3r.p.m」の解説

ジャックスの「堕天使ロック」とともに少年が駆けてくる。誰かに追われているらしい。『33 1/3r.p.m.(さんじゅうさんかいてん)』は70年代の高円寺で、少年が抱いた日々の思いを描いた70's青春グラフィティ。全編に流れる音楽は、伝説のグループジャックス、また、はっぴいえんどがバックバンドとしてレコードデビューした遠藤賢司のほか、六文銭、あがた森魚、三上寛など22曲。

いずれも時代のバイブルとなった和製ロック、R&B。1970年代は、CDもテレビゲームもなかった。生きるのに不器用だった。けれど、ひとの暖かさに満ちていたんだ!(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督木澤雅博
出演水橋研二 岩下あきら 勝誠二 重田尚彦 渡辺哲
制作国 日本(1996)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「33 1/3r.p.m」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:41:33

広告を非表示にするには