青の炎 作品情報

あおのほのお

義父を殺した17歳の少年の純粋で危うい心理を、世界の蜷川がスクリーンに映し出す

高校生の櫛森秀一(二宮和也)は、母と妹の3人暮らし。ある日、10年前に母が再婚しすぐに離婚した男、曾根(山本寛斎)が突然現れ、そのまま家に居ついてしまう。勝手に振る舞い、時には母や妹に暴力を振るう曾根を追い出すため、秀一は弁護士に相談するが、法律では解決できない。精神的に限界を感じていた秀一は、家族と自分を守るため、自らの手で曾根を殺害する「完全犯罪」を計画する。何もかもが順調に見えた時、秀一の計画に大きなほころびが出始める…。

「青の炎」の解説

若者たちの凶悪犯罪が増え続ける世の中で、大きな衝撃を呼んだ「義父殺人事件」。重く、痛々しいテーマを取り上げた『青の炎』は、まさにタイトルにふさわしい青春の悲しみを描いている。17歳という若さで殺人を犯してしまった少年は、ひたすら青く、怒りに燃えている。善悪の判断がつかないわけでもなく、世の中を疎んでいるのでもない。ただ、家族を守るためには、自分が手を下さなければ…という、悲しいまでに純潔な少年の心が、痛いくらいに伝わってくる。

監督は、世界にその稀有な才能を認められる舞台演出家、蜷川幸雄。ガレージのなかで揺れるような青い光、水槽に伸ばした手が、少年の行き所のない思いを語る、静かでドラマチックな演出。大人ならばやり過ごしてしまう理不尽な現実を、誤魔化せない少年の痛み、高潔さが、胸に突き刺さる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年3月15日
キャスト 監督蜷川幸雄
原作貴志祐介
出演二宮和也 松浦亜弥 鈴木杏 山本寛斎 中村梅雀 秋吉久美子
配給 東宝
制作国 日本(2002)
上映時間 116分

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「青の炎」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-04-14 13:32:28

広告を非表示にするには