ストーカー 作品情報

すとーかー

今度のロビンが一番コワい…。心優しいオジサンが実はストーカーだったなんて…。

ストーカーのイメージ画像1

地元のスーパーの写真カウンターに20年以上勤めるサイ・パリッシュ。彼は、地元の顧客が持ち込むネガを1枚1枚丁寧に仕上げている。ヨーキン一家もそんなサイの大切な顧客だった。サイはヨーキンの息子・ジェイクが生まれたときからの写真や彼らの幸福に満ちた家族写真を扱っていた。天涯孤独のサイは数千枚に及ぶその写真を見ているうちにいつしか自分もその家族に憧れるようになり、次第にはこの一家の一員になりたいと思うようになる。やがてその思いはマヤという女性が持ち込んだネガを現像した時に、べつの形になって表れた…。

「ストーカー」の解説

ロビン・ウィリアムズは、本作においても『インソムニア』と同じく悪役に挑戦している。しかし、それは彼自身が今まで演じたことのない役柄だ。一見普通の人、しかも穏やかで親切なオジサンなのだが、それが曲者だ。見るからに凶悪犯的な容貌でないところが、またコワさを増大させるのである。そういう意味では、この『ストーカー』にロビン・ウィリアムズを起用したのは大正解だろう。

全米のマスコミもそのロビンの演技に大注目の今作は、サスペンスとしても見ごたえは十分なのだが、ファンとしては演技力の確かさは十分わかっているので、『グッドモーニング・ベトナム』や『今を生きる』のようなハジケてるけど誠実な人、というロビンを見てみたい気がしないでもない。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年2月1日
キャスト 監督マーク・ロマネク
出演ロビン・ウィリアムズ コニー・ニールセン ミシェル・ヴァルタン
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2002)
上映時間 98分
TV放映 2021年1月12日 テレビ東京 午後のロードショー

(C)2004 TWENTIETH CENTURY FOX [DVD情報/Amazonで購入]

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-05-21

母親役のコニー・ニールセンが一際美しい本篇,写真店に勤務するサイ(ロビン・ウイリアムズ)の心情を察して居た子どもの視座がまた好いんだ

最終更新日:2021-05-17 09:31:55

広告を非表示にするには