実録・安藤昇侠道<アウトロー>伝 烈火 作品情報

じつろくあんどうのぼるあうとろーでんれっか

武闘派ヤクザ500人を率いたアウトロー、安藤昇が駆け抜けた任侠世界が、激しく甦る!

国定新(竹内力)は、関東に大きな勢力を敷く真田組の、直系若頭を務める極道。ある日、国定が父を慕い尊敬する真田組組長、真田義勝が、敵対勢力の大滝会中条組の殺し屋に暗殺された。真田の死を留置所で知らされた国定は悲しみと怒りに燃えるが、その頃、阪東連合理事長、土方の仲裁で真田組と中条組の手打ちが整えられていた。こうして、大きく変動した組織の図には、国定を利用した策略が潜んでいた。すべてを知り怒り狂った国定は、復讐の炎に燃える…。

「実録・安藤昇侠道<アウトロー>伝 烈火」の解説

『実録・安藤組』『疵』シリーズで、自らの生き様をスクリーンに映し出してきた男、安藤昇。アウトローと呼ばれ、壮絶な人生を歩んできた男によって、極道世界のドラマがまたひとつ誕生した。そのテーマは、怒り。父と慕う組長の暗殺とそれにまつわる謀略に、炎のような怒りを見せる国定を、Vシネマの帝王、竹内力が迫力に演じきる。

そして、国定の慕う真田組組長には伝説のロッカー、内田裕也。さらに、アクションスターの重鎮、千葉真一という豪華なキャストが勢ぞろいし、過激な裏社会に生きていく男たちの表情が、今までにない激しさで描き出されている。監督は、リアルな描写と人間観が独特の三池崇史。任侠世界にほとばしる、怒りと興奮のストーリー。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年9月21日
キャスト 監督三池崇史
出演竹内力 遠藤憲一 美木良介 千葉真一 内田裕也 丹波哲郎 山口祥行 石橋蓮司
配給 東映ビデオ
制作国 日本(2002)
上映時間 96分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「実録・安藤昇侠道<アウトロー>伝 烈火」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:40:37

広告を非表示にするには