たそがれ清兵衛 作品情報

たそがれせいべえ

藤沢周平原作の傑作小説を、山田洋次監督が心豊かに映し出したヒューマン時代劇

江戸末期、庄内の平侍・井口清兵衛(真田広之)は、労咳を患った妻の死後、娘2人と老いた母親をなんとか養い暮らしている。仕事が終わると同僚との付き合いを断って帰るため、仲間には「たそがれ」と呼ばれていた。ある夜清兵衛は、久しぶりに再会した幼なじみの朋江(宮沢りえ)を家に送った際、朋江が離縁した男に果し合いを申し渡され、木刀で打ち負かしてしまう。噂はたちまち城中に広まり、朋江も清兵衛に心を砕いていく。その頃、藩主の死により城は揺れ始めていた。

「たそがれ清兵衛」の解説

山田洋次監督が描く日本人の心は、他のどんな映画よりも心の溝を突いてくる。その監督が、時代小説の匠・藤沢周平の小説を映画化した本作は、時代の波、運命の波を静かに見つめる侍魂を情感豊かに描いたヒューマン時代劇だ。貧しさのなかで、清兵衛は常に冷静に世の中を見渡し、へらず口をたたかず、自分の芯を貫いていく。

一方で、思い切って朋江に結婚を申し込む清兵衛のかたくなな表情や、意に反する藩命に向かっていく凛とした態度は、侍の心意気を見せられるよう。そして、注目すべきは果し合いシーンの見事さだ。張り詰めた緊張と気を抜いた会話の波が起こすリアルな「間」と、急に顔色を変える余吾の不気味な迫力が一対一の殺陣を盛り上げる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年11月2日
キャスト 監督山田洋次
原作藤沢周平
出演真田広之 宮沢りえ 田中泯 丹波哲郎 岸惠子 小林稔侍 大杉漣 吹越満
配給 松竹
制作国 日本(2002)
上映時間 129分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「たそがれ清兵衛」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-22 13:22:51

広告を非表示にするには