チェンジング・レーン 作品情報

ちぇんじんぐれーん

一瞬の車線変更が彼らを変える…。人間の性善説に2大アクターが挑んだ話題作

チェンジング・レーンのイメージ画像1

若手弁護士・ギャビン(ベン・アフレック)は重要な法廷を控え、渋滞の高速道路を急いでいた。しかし、不注意な車線変更で隣の車と接触事故を起こしてしまう。車をぶつけられたドイル(サミュエル・L・ジャクソン)もまた、別居中の妻と息子の親権をめぐる裁定を控えていた。先を急ぐキャビンは白紙の小切手を渡すと、そのままドイルを置き去りにしてしまう。重要な証拠ファイルを一緒に渡してしまったことを気付かずに…。この20分が、2人の男の人生を大きく揺るがしていく。

「チェンジング・レーン」の解説

はじまりは、「そんなつもりじゃなかった…」。“目には目を”のリベンジ合戦は、若手弁護士とくたびれたアル中男という「一般市民」のなかに潜む、善と悪の心が生み出したサスペンスだ。それにしても、ハッキングで破産させ、車に細工を施し、幼児虐待の逮捕劇をでっち上げ…喧嘩という言葉では到底済まされないような策略は、平和な島国に生まれ育った日本人にはちょっと驚きかもしれない。

地位と名声と大金が飛び交い、幾千も異なる利害が対立するウォール・ストリートでは日常茶飯事なのかもしれないが。ベン・アフレックとサミュエル・L・ジャクソンが都会に生きる防衛心を印象的に演じ、誰しもに潜んでいる「善と悪」の境を浮き立たせた。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年11月9日
キャスト 監督ロジャー・ミッチェル
出演ベン・アフレック サミュエル・L・ジャクソン シドニー・ポラック トニ・コレット ウィリアム・ハート リチャード・ジェンキンス キム・スタウントン
配給 UIP映画
制作国 アメリカ(2002)
上映時間 98分
TV放映 2019年1月17日 テレビ大阪 シネマクラブ

(c)2002 Paramount Pictures. All Rights Reserved. [Amazonで購入]

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「チェンジング・レーン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-08 16:17:22

広告を非表示にするには