アリ 作品情報

あり

リングの外でも戦い続けたモハメド・アリの魂の叫びを描いたトゥルーストーリー

1964年、人種差別が色濃く残る南部の町で育ったカシス・クレイ(ウィル・スミス)は弱冠22歳で、ソニー・リストンを破り、世界ヘビー級チャンピオンになる。一躍スターダムにのし上がった彼は突然、黒人イスラム教団体「ネイション・オブ・イスラム」へ入信し、モハメド・アリと改名。圧倒的な強さと蝶のような軽やかなフットワークでチャンピオンとして不動の地位を築き、美しい女性ソンジーと結婚(ジェイダ・ピンケット・スミス)。まさに順風満帆の人生に思えた。しかし、自らの意志でベトナム戦争の徴兵を拒否したことで反逆罪で起訴され、チャンピオンの地位を剥奪されてしまう…。

「アリ」の解説

通算61戦56勝37KO5敗というカリスマ・ボクサー、モハメド・アリ。「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と言われたリングでの軽やかなフットワーク、独特の喋りと恐れを知らない挑発的な言動、そしてブラック・ムスリムへの熱い信仰心、ベトナム戦争への徴兵拒否と、何かと話題を振りまいていたアリの生きざまを描いたヒューマンドラマ。この映画で知るアリは、ただのお騒がせ傲慢チャンピオンではなく、自分の信念を貫き自由に生きること、そして皆のチャンピオンになることを願った熱い魂の持ち主だった。

本作でアリを演じたウィル・スミスは映画の為に、20キロ近く体重を増やすなどの肉体改造し、精神的にもアリになりきってファイトシーンにも挑戦した。その肉体から湧き出る猛烈な信念は見るものをスクリーンに釘付けにする。マイケル・マン監督が描く「アリ」はカリスマ・ボクサーのサクセス・ストーリーでもなく、ファイティング・ムービーでもない。彼の葛藤、挫折、矛盾、勇気など、まさに素顔のアリをスクリーンに映し出すことでアリの人生の根底に流れる熱い信念を描いていく。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年5月25日
キャスト 監督・脚本マイケル・マン
出演ウィル・スミス ジェイミー・フォックス ジョン・ボイド マリオ・ヴァン・ピープルス ロン・シルバー
配給 松竹/日本ヘラルド映画
制作国 アメリカ(2001)
上映時間 96分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「アリ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:39:46

広告を非表示にするには