獅子の血脈 作品情報

ししのけつみゃく

熾烈極まる極道の生き残り抗争、重鎮松方弘樹が魅せた、厳しくも大きな父の愛。

秋葉一家の組長、秋葉伝蔵が死に、二代目の東吾(石原良純)率いる組の勢力は今や連心会に抑えられつつある。伝蔵の親友、嵐山(松方弘樹)はその知らせを聞き、一切の素性を隠したまま東吾のもとへ訪れる。先代の葬式の場でも連心会との緊張感は高まり、嵐山は東吾に堅気になるように勧めるが、極道の道しか生きられない、という東吾は頑なにそれを拒む。嵐山は東吾の力になることを決め、厳しくも深い愛情をかけるのだった。

「獅子の血脈」の解説

仁義、忠誠、兄弟…。極道世界に思い浮かぶ言葉を並べる時、「親の愛」という言葉が出ることはまずない。何よりもまず、組への献身と仁義が先にたつからこそ、任侠世界なのだ。愛情が先にあっては、極道世界が成り立たない。

松方弘樹が演じる嵐山は、あえてその中で父親の愛情を体現している。しかも、任侠の掟を破ることなく。極道としてしか生きられない東吾を知って、その世界で生き抜く術を教え込んでいく嵐山の姿は、子を谷へ突き落とす獅子の姿。そんな形でしか父の愛情を表すことができないのも、また極道の悲しさなのだろう。気迫に満ちた抗争シーンや緊張感とともに、その裏に流れる深い情感が、任侠映画の新しい側面を見せてくれる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年11月10日
キャスト 監督望月六郎
出演松方弘樹 石原良純 中野英雄 松田優
配給 グルーヴコーポレーション
制作国 日本(2001)
上映時間 106分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「獅子の血脈」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:38:59

広告を非表示にするには