ぼくの神さま 作品情報

ぼくのかみさま

戦争がぼくたちを変えた。ハーレイ・ジョエル・オスメントがユダヤ人少年を演じる感動作!

ナチス占領下のポーランド。ユダヤ人少年ロメック(ハーレイ・ジョエル・オスメント)はナチスの強制連行から逃れるため、愛する両親と別れ農村の一家に匿われた。その一家には彼と年の近い兄弟ヴラデックとトロがいた。始めはぎこちない3人だったが心の優しいトロはロメックを慕うようになる。ある日カトリック教会の神父(ウィレム・デフォー)から「キリストはユダヤ人だった」と聞かされたトロはその日から様子がおかしくなる。そんな村にもナチスが現れるようになり、ロメックは自分がユダヤ人ではないと証明しなくてはいけなくなる。その様子を見ていたトロは思いがけない行動に出る…。

「ぼくの神さま」の解説

過酷な現実の中でも友情を育み幼い恋を経験していく子供たち。だがそんな彼らの世界にも戦争の影は確実に近づいてくる。恐怖と暴力によって変わってゆく幼い日々。彼らも徐々に無邪気なだけでは生きて行けなくなる。今作はそんな子供たちの一瞬の輝ける時を描いた感動作だ。

ナチスに怯えるユダヤ人少年役のハーレイくんの天才子役ぶりは今作でも健在。加えて他の子供たちも素晴らしい。特にこのストーリーの要となるトロ役のリアム・ヘスは見事だ。ともすれば狂気の世界へと行ってしまいそうなほどの純粋無垢さを実に豊かに演じている。ときにハーレイくんも霞むほど。トロという少年の姿だけでもこの映画を見る価値がある。子供たちを守り導く神父役のウィレム・デフォーも好演。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年3月2日
キャスト 監督ユレク・ボガヴィッチ
出演ハーレイ・ジョエル・オスメント リアム・ヘス ウィレム・デフォー オラフ・ルバスゼンコ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ/アートポート
制作国 アメリカ(2000)
上映時間 98分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ぼくの神さま」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:38:58

広告を非表示にするには