私の骨 作品情報

わたしのほね

祖先の骨にまつわる恐るべき事実…人間の深層心理にひそむ恐怖を描いた話題作!

英一(田口トモロヲ)は雪深い町に暮らす小説家。妻は息子を連れて家を出てしまっている。ある日、実家の床下から「人柱」と書かれた古文書と骨壷を見つけ、大学の恩師である大野に持ち込んでみるが、その意味はわからない。そんな時、英一の周りには不思議な幻影が現れ始める。戸惑いを隠せない英一がふと目にしたものは、骨壷に書かれた生年月日。それは紛れもない、英一自身の生年月日だった。裏に潜む驚くべき事実の渦に、英一は深く巻き込まれていく…。

「私の骨」の解説

ホラーには、今来るか、今来るか、来た!という瞬間的「どきどき感」がつきものだけれど、『私の骨』には、過去の因縁にじわじわと追いかけられるような、蓄積していく恐怖感がある。深い森、骨壷、子供の骨、わびしさの漂う雪の町…直木賞作家の高橋克彦が小説で描いたイメージ世界が、映像によってより鮮明に脳裏に焼き付けられて、何か後を引くような感じだ。

観る人に謎を残していくストーリーは、安易に怖がることが出来るようなホラー映画とは違って、ふと気づいたときにゾクッとするような展開。本当に怖いのは果てしなく続いていく人間の強い思いだ、と気付く時、改めて背筋に冷たい感触を覚える。そんな怖がり方をさせてくれる作品だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年11月10日
キャスト 監督荻野憲之
原作高橋克彦
出演田口トモロヲ 中本奈奈 水野ゆふ 渡辺護 小笠原正勝 石立鉄男
配給 ジェイ・ブイ・ディー グローバルエンタテインメント
制作国 日本(2001)
上映時間 81分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「私の骨」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:38:49

広告を非表示にするには