生きて、生きて、生きろ。 作品情報

いきていきていきろ

生きて、生きて、生きろ。のイメージ画像1

2011年に起きた東日本大震災および福島第一原発事故から13年が経ち、福島ではこころの病が多発し、若者の自殺率や児童虐待も増加。地元の精神科医や医療従事者たちは、患者たちと向き合い、支えようと奔走している。福島県相馬市にあるメンタルクリニックなごみ院長の蟻塚亮二が診察する患者は、うつ病や適応障害、パニック障害など様々な症状を抱えているが、原発事故の恐怖がフラッシュバックするなどといった、年月を経てから発症する遅発性PTSDの患者がここ数年で多くなっている。連携するNPO こころのケアセンターの米倉一磨は、こころの不調を訴える地域住民たちの自宅訪問を重ねている。津波で夫が行方不明になったままの女性、原発事故による避難生活の中で息子が自死し自らも自殺未遂を繰り返している男性、避難生活が続くうちに妻が認知症になった夫婦など、患者や利用者たちは震災や原発事故の影響を大きく受けている。沖縄で沖縄戦の遅発性PTSDを診た経験のある蟻塚医師は、福島でも今後同様の症例が増えていくのではと考えていた。喪失感や絶望に打ちのめされながらも日々を生きようとする人々と、それを支えようとする医療従事者たち。やがてそれぞれに小さな変化が訪れていく。

「生きて、生きて、生きろ。」の解説

福島でこころの病を抱える患者たちと向き合う精神科医や医療従事者たちを追ったドキュメンタリー。東日本大震災や福島第一原発事故から13年、喪失と絶望に打ちのめされながらも日々を生きようとする人々と、支えようと奔走する医療従事者たちの姿を記録する。監督は、「ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。」の島田陽磨。

生きて、生きて、生きろ。のイメージ画像1 生きて、生きて、生きろ。のイメージ画像1 生きて、生きて、生きろ。のイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年5月25日
キャスト 監督島田陽磨
出演蟻塚亮二 米倉一磨
配給 日本電波ニュース社
制作国 日本(2024)
上映時間 113分
公式サイト http://ikiro.ndn-news.co.jp/

(C) Nihon Denpa News Co.,LTD.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「なおさん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-05-29

人々の苦悩の背景にある国策…・沖縄基地や原発のことも映画を観ながら学べる。最後の感動的なラストは、人間の強さ、可能性を感じました。若い人にも見てもらいたいです。

最終更新日:2024-06-14 02:00:02

広告を非表示にするには