九十歳。何がめでたい 作品情報

きゅうじっさいなにがめでたい

九十歳。何がめでたいのイメージ画像1
九十歳。何がめでたいのイメージ画像2

数々の文学賞を受賞してきた作家の佐藤愛子(草笛光子)は90歳を過ぎて断筆を宣言、人付き合いも減り、鬱々とした日々を過ごしていた。ある日、そんな彼女の元に、どこか時代遅れの中年編集者・吉川(唐沢寿明)がやってきて、エッセイの連載を依頼する。愛子は断固拒否したものの、吉川は企画をなんとしても成功させようと一歩も引かない。ついに愛子はヤケクソで連載を始めることに。世の中への怒りを赤裸々に書いたエッセイは意図せず大好評となり、愛子の人生は90歳にして大きく変わっていく。

「九十歳。何がめでたい」の解説

現在100歳を超えた直木賞作家・佐藤愛子が90歳を過ぎて執筆したベストセラーエッセイ集を、昨年90歳を迎えた草笛光子主演で映画化したパワフル・コメディ。作家生活を引退した愛子の元に、中年の編集者・吉川がエッセイの依頼を持ち込んだことで、人生の薄暮に変化が訪れる。作家の佐藤愛子の姿を草笛光子がユーモラスに痛快に演じている。また、編集者・吉川真也を唐沢寿明、愛子の娘・響子を真矢ミキ、孫・桃子を藤間爽子、吉川の妻を木村多江が演じたほか、片岡千之助、宮野真守ら個性的な面々が総出演。監督は「老後の資金がありません!」の前田哲。

九十歳。何がめでたいのイメージ画像2

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年6月21日公開予定
キャスト 監督前田哲
原作佐藤愛子
出演草笛光子 唐沢寿明 藤間爽子 中島瑠菜 木村多江 真矢ミキ 片岡千之助 宮野真守
配給 松竹
制作国 日本(2024)
公式サイト https://movies.shochiku.co.jp/90-medetai/

(C)2024映画「九十歳。何がめでたい」製作委員会(C)佐藤愛子/小学館

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「九十歳。何がめでたい」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-05-13 13:05:06

広告を非表示にするには