夜明けへの道 作品情報

よあけへのみち

夜明けへの道のイメージ画像1

東南アジアのインドシナ半島西部にあるミャンマー。かつてビルマと呼ばれたこの国は、2011年には半世紀にわたる軍事政権が終わり、言論の自由が拡大していった。自由な時代の中映画製作を手がけていたコ・パウは、新型コロナウイルスが広がり外出が難しくなると、コメディ動画を家族で製作しSNSに投稿。厳しいロックダウンに苦しむ市民を元気づけ、総フォロワー数は100万人を越えるほどに。しかし2021年2月1日早朝、軍事クーデターが勃発。軍は前年の総選挙で不正があったと主張しアウンサンスーチー国家顧問ら民主派政権の幹部を拘束、非常事態を宣言して全権を掌握し、国の状況は一日にして一変。コ・パウら著名人は抗議デモを先導したとして指名手配され、国軍はデモ隊を機関銃で一掃するなど容赦なく弾圧していく。市民は人間としての尊厳を失い、常に監視され、自己表現が制限される社会になり、軍に都合が悪い情報を発信するものはすべて処罰の対象に。国軍から追われたコ・パウは民主派勢力の支配地域に逃げ、2022年、ジャングルでの潜伏中に短編映画「歩まなかった道」を製作。さらに、潜伏生活を続ける自らの姿を撮影したセルフドキュメンタリーである本作を手がける。国内外に情勢を伝えるのは困難であっても、ミャンマーに目を向けてほしい、そして民主化の時計の針を巻き戻すまいとするコ・パウ監督の闘いと決意を映す。

「夜明けへの道」の解説

2021年の軍事クーデター以降圧政が続くミャンマーで抗議デモを先導したとして指名手配されたコ・パウ監督が、自らの潜伏生活を撮影したドキュメンタリー。市民は監視され軍に都合が悪い情報を発信する者は処罰される状況下ながら、監督の闘いと決意を撮る。福岡アジアフィルムフェスティバル2023上映作品(映画祭題「夜明け」)。

夜明けへの道のイメージ画像1 夜明けへの道のイメージ画像1 夜明けへの道のイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年4月27日
キャスト 監督コ・パウ
配給 太秦
制作国 ミャンマー(2023)
上映時間 101分
公式サイト https://yoake-myanmar.com/

(C)Thaw Win Kyar Phyu Production

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「夜明けへの道」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-06-22 02:00:01

広告を非表示にするには