ラ・カリファ 作品情報

らかりふぁ

ラ・カリファのイメージ画像1

ストライキでイタリアが混乱するなか、イレーネ(ロミー・シュナイダー)の夫は殺害された。彼女は亡き夫の後任として労働者たちを先導し、かつて仲間だった工場経営者・ドベルド(ウーゴ・トニャッツィ)と対立する。だが、聡明なドベルドの考え方に共鳴するうちに、イレーネはいつしか彼に惹かれてゆくのだった。互いの立場の違いを抱えながらもふたりは逢瀬を重ねるが、やがて悲劇が彼らを襲う……。

「ラ・カリファ」の解説

テーマ曲をエンニオ・モリコーネが手がけ、「追想」のロミー・シュナイダーが許されぬ恋におちる女性を体当たりで演じた社会派メロドラマを日本初公開。ストライキで混乱するイタリア。かつての仲間だった工場長と、労働者たちを先導するイレーネは対立するが……。共演は「Mr.レディ Mr.マダム」シリーズのウーゴ・トニャッツィ、「ベン・ハー(1959)」のマリーナ・ベルティ。監督は脚本家出身で、本作で監督デビューを飾ったアルベルト・ベヴィラクア。『エンニオ・モリコーネ特選上映 Morricone Special Screening×2』にて上映。

ラ・カリファのイメージ画像1 ラ・カリファのイメージ画像1 ラ・カリファのイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年4月19日
キャスト 監督アルベルト・ベヴィラクア
原作アルベルト・ベビラクア
出演ロミー・シュナイダー ウーゴ・トニャッツイ マリーナ・ベルティ マッシモ・ファネッリ ロベルト・ビサッコ
配給 キングレコード
制作国 イタリア=フランス(1970)
年齢制限 PG-12
上映時間 112分
公式サイト https://morricone-ss.com/

(C)1970 RTI

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ラ・カリファ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-06-08 02:00:02

広告を非表示にするには