石岡タロー 作品情報

いしおかたろー

石岡タローのイメージ画像1

昭和39年、茨城県石岡市の小学校に、一匹の犬が保護される。犬はタローと名付けられ、誰に教わったわけでもないのに、朝には校門で児童を出迎え、昼には一年生の教室を順番に回り、すっかり学校の人気者に。そんなタローが、小学校から石岡駅までの2キロの道を朝と夕方の1日2回往復するように。歩道橋を渡り、国道を歩き、踏切を渡り、石岡駅の待合室に入ってじっと改札口を見つめ、しばらくすると小学校に戻る。それを1日2回行うのが日課になっていった。タローは待合室でも駅前の商店街でも多くの人にかわいがられ、タローの駅通いは17年にも及び続いたが、タローは駅である人を待っていたのだった……。

「石岡タロー」の解説

茨城県石岡市で保護された犬・タローの実話を映画化。昭和39年、石岡市の小学校に保護された犬のタローは、小学校の人気者に。タローは離れ離れになってしまった飼い主に会うため、駅までの2キロの道のりを朝と夕の1日2回往復する日課を17年間続け……。監督は、ビデオ、ゲーム、CG、DVDなどの企画・プロデュース・演出を手がける映像作家で、短編「ふるべのかむわざ」では山形国際ムービーフェスティバル山形市長賞を獲得した石坂アツシ。小学校の校長を山口良一が、飼い主の恭子をオーディションで選ばれた寺田藍月が、成人した恭子を渡辺美奈代が演じる。

石岡タローのイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2023年10月20日
キャスト 監督石坂アツシ
出演山口良一 渡辺美奈代 松木里菜 寺田藍月 山東文発 青木日菜 まいど豊 グレート義太夫 菊池均也 寺田紫月 椙本滋 泊太貴 政野郁矢 山本奏
配給 CHIPANGU=エレファントハウス
制作国 日本(2023)
上映時間 101分
公式サイト https://ishiokataro.com/

(C)2023 One Point Six

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、5件の投稿があります。

P.N.「春一番」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-04-04

素直に感動しました。
子供とわんこ。
てっぱんのほのぼの系⁈
ですが…これが実話と聞くと
話が変わります。
犬は忠実と言われますが
ここまで頑なに忠実だと
本当に切なくなりました。
切ないけど…小学校や町の人たちに
とても愛されて大切にされて
救われます。
最後まで想いは叶わなかったけれど
きっと幸せな生涯だったと
思いたいです。
皆さんにお勧めしたい作品です。

最終更新日:2024-04-14 16:00:01

広告を非表示にするには