バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ 作品情報

ばいおはざーどうぇるかむとぅらくーんしてぃ

巨大複合企業アンブレラ社の拠点があるラクーンシティ。この街の孤児院で育ったクレア・レッドフィールド(カヤ・スコデラリオ)は、アンブレラ社が起こしたある事故が原因で街に異変が起きていると警告する不可解なメッセージを受け取り、帰郷する。ラクーン市警(=R.P.D)に勤める兄クリス・レッドフィールド(ロビー・アメル)は、クレアの話を“ありえない陰謀論”と一蹴。だが、やがて2人は街を彷徨う住民たちの変わり果てた姿を目の当たりにする。次々と襲い掛かってくる住民たち。そんな中、2人はアンブレラ社が秘密裏に人体実験を行ってきたことを知るが……。

「バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」の解説

大ヒットゲームが原作の人気ホラーアクションシリーズを新たなスタッフ&キャストで映画化。巨大複合企業アンブレラ社が起こした事故で異変が発生したと伝える謎のメッセージを受け取ったクレア・レッドフィールドは、故郷ラクーンシティに戻ってくるが……。主演は「テッド・バンディ」のカヤ・スコデラリオ。監督は「海底47m」のヨハネス・ロバーツ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年1月28日
キャスト 監督ヨハネス・ロバーツ
原作小林裕幸
出演カヤ・スコデラリオ ハナ・ジョン=カーメン ロビー・アメル トム・ホッパー アヴァン・ジョーギア ドナル・ローグ ニール・マクドノー
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 アメリカ(2021)
年齢制限 PG-12
上映時間 107分

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:2.1点★★☆☆☆、10件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2023-06-08

映画〈海底47メートル〉のヨハネス・ロバーツ監督版バイオハザードだ。悪夢なゾンビ映画な部分とmysteryが証されるデビット・リンチ監督作見たいな鬼化迫った怪物作

最終更新日:2024-02-21 11:00:02

広告を非表示にするには