2人のローマ教皇 作品情報

ふたりのろーまきょうこう

2012年、カトリック教会の方針に不満を抱くベルゴリオ枢機卿 (ジョナサン・プライス)は、ベネディクト教皇 (アンソニー・ホプキンス)に辞任を申し入れる。ところが、スキャンダルに直面し自信を失っていたベネディクト教皇は、ベルゴリオの辞任を許可せずローマに呼びつける。考え方のまったく異なる2人だったが、世界に10億人以上の信徒を擁するカトリック教会の未来を築くため、互いの過去を振り返りながら理解し合っていくのだが……。

「2人のローマ教皇」の解説

Netflixオリジナル映画。2019年冬全世界同時配信。日本では配信に先駆けて劇場にて限定公開。アンソニー・ホプキンスとジョナサン・プライスを主演に、カトリック教会における歴史的転換点の裏側を実話に基づき描く。フェルナンド・メイレレス監督作品。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年12月13日
キャスト 監督フェルナンド・メイレレス
出演アンソニー・ホプキンス ジョナサン・プライス
配給 Netflix
制作国 イギリス=イタリア=アルゼンチン=アメリカ(2019)
上映時間 125分
公式サイト https://www.netflix.com/jp/title/80174451

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「キリスト教マニアとしては」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-12-22

役者としては好きなジュード・ロウのドラマ「ピウス13世」のありえなさに憤る者としては、本作は空想とはいえ戦後のローマ教皇のあり方の縮図として納得できる。フランシスコがイエズス会出身であることが南米出身より大きな壁となっていたこともよくわかる。同じくフランシスコを描いた「ローマ教皇になる日まで」との整合性、補完性も素晴らしい。冒頭のコンクラーベでベネディクト=ラッツィンガー枢機卿とマルティニ枢機卿がライバルと目されていたこと、イタリア人マルティニが同じイエズス会のフランシスコに票を回そうとしていたくだり、日本でもたくさん翻訳されてるマルティニの読者としてはとても嬉しかった

最終更新日:2024-02-14 18:09:09

広告を非表示にするには