jam 作品情報

じゃむ

熱烈なファンに支えられ舞台では華やかに輝きながらも、いつも心に空虚感を抱えている場末のアイドル演歌歌手ヒロシ(青柳翔)。ある日のコンサート終わり、ファンの一人・雅子(筒井真理子)に付きまとわれ、そのまま彼女の暴挙に巻き込まれて、ヒロシは彼女の自宅に監禁されてしまう……。一方、大切な彼女が瀕死の重傷を負ってしまい、毎日彼女の意識回復だけを望むタケル(町田啓太)。善いこと=貯金をすれば彼女の意識が戻るのではないかと信じ、毎日必死に生きるタケルだったが……。そして、刑期を終え、刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木伸之)は、自分を刑務所送りにしたやくざに復讐を果たそうと、組の事務所に単身殴り込みをかける……。そんな3人の物語が同じ時間、同じ街で交差し絡み合いながら、それぞれの人生の“因果応報”が巡り巡ってゆく……。

「jam」の解説

「たたら侍」の青柳翔を始め、劇団EXILEのメンバーが総出演する「うさぎドロップ」のSABU監督作。ファンに監禁された演歌歌手ヒロシ、瀕死の重傷を負った彼女の意識回復を望むタケル、復讐のため組事務所に殴り込みをかけるテツオ。3人の男たちの運命を追う。共演は「OVER DRIVE オーバードライブ」の町田啓太、「リベンジgirl」の鈴木伸之、「淵に立つ」の筒井真理子。第31回東京国際映画祭特別招待作品。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年12月1日
キャスト 監督SABU
出演青柳翔 町田啓太 鈴木伸之 秋山真太郎 八木将康 小澤雄太 小野塚勇人 佐藤寛太 野替愁平 清水くるみ 筒井真理子
配給 LDH PICTURES
制作国 日本(2018)
年齢制限 PG-12
上映時間 102分

(C)2018「jam」製作委員会

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「猫のクロ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-12-08

最初から最後まできちんと見れば「あぁ、なるほど」と納得出来る。ただ、ストーリーそのものがややつまらないので、ストーリーの部分部分を切り取ってみると大した作品ではない。しかし、ストーリー全てを理解すればなかなかのものだと思えた。途中で退屈して居眠りしなければそれなりに楽しめるとは思う。ただ、はっきり言ってバカバカしいストーリーの繋がりを楽しむ作品だけに、バカバカしさを許せない人には向かないだろう

最終更新日:2024-05-28 10:51:40

広告を非表示にするには