GODZILLA 星を喰う者 作品情報

ごじらほしをくうもの

21世紀初頭。怪獣をも凌駕する究極の存在“ゴジラ”に地球を奪われた人類は、移住を目的にその一部を他恒星系に送り出したものの、計画は失敗。失意に打ちひしがれて帰還した人類を待ち受けていたのは、二万年の時間が経過し、あらゆる動植物がゴジラ細胞を持つ“怪獣惑星”と化した地球だった。そこに君臨するのは、体高300mを超える史上最大のゴジラ“ゴジラ・アース”。ゴジラ討伐に燃えるハルオ(声:宮野真守)は、人類の遠い子孫に当たる種族フツアの双子の姉妹マイナ(声:上田麗奈)とミアナ(声:小澤亜李)の導きにより、対G決戦兵器メカゴジラの残骸が、増殖を続けていることを知る。残骸を構成するナノメタルを使って武装要塞都市“メカゴジラシティ”を起動させると、ゴジラ・アースに挑む。この作戦の最中、共存してきた異星人ビルサルドと地球人類の亀裂が表面化。ビルサルドのリーダー、ガルグ(声:諏訪部順一)の“ゴジラを倒すならば“ヒト”を超えた存在へ”という信念を認められないハルオは、ガルグを葬る。だがそれは、ゴジラ・アースを倒す唯一の機会を放棄することを意味した。一方、ハルオの幼馴染ユウコ(声:花澤香菜)は、ビルサルドによる人体の強制ナノメタル化により、脳死状態に陥る。人類に敗北感が広がる中、人類と共存してきたもう一方の異星人、宗教種族エクシフの大司教、メトフィエス(声:櫻井孝宏)は、ハルオが戦いに生き延びたことは奇跡だと唱え、信者を増やしていく。その裏には、エクシフが密かに抱く“究極の目的”があった。そんなメトフィエスに警戒心を覚えるマイナとミアナ。そしてハルオは、自らが“人”として何を為すべきかを自問する。やがて、ゴジラ・アースに優る存在を失った地球に、金色の閃光を纏ったギドラが降臨。天地を揺るがす超次元の戦いが始まる。“ゴジラ”とは何か。“人”が為すべきことは何か。ハルオが目にする未来とは……。

「GODZILLA 星を喰う者」の解説

ゴジラ映画初のアニメーション三部作完結編。他惑星への移住に失敗し、ゴジラが支配する二万年後の地球に帰還した人類は、史上最大のゴジラ・アースに遭遇。人類に敗北感と虚無感が広がる中、金色の閃光を纏ったギドラが降臨し、超次元の戦いが始まる。声の出演は「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」の宮野真守、『おそ松さん』の櫻井孝宏、「言の葉の庭」の花澤香菜。ストーリー原案と脚本を『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄が担当。監督は「名探偵コナン から紅の恋歌」の静野孔文と『亜人』の瀬下寛之。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年11月9日
キャスト 監督静野孔文 瀬下寛之
出演(声)宮野真守 櫻井孝宏 花澤香菜 杉田智和 梶裕貴 諏訪部順一 上田麗奈 小澤亜李 小野大輔 三宅健太 堀内賢雄 中井和哉 山路和弘 早見沙織 鈴村健一
配給 東宝映像事業部
制作国 日本(2018)
上映時間 90分

(C)2018 TOHO CO., LTD.

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:2.67点★★☆☆☆、3件の投稿があります。

P.N.「ミスチーフ・ジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2018-11-10

これでもかこれでもか、と痛めつけられる主人公、それでもゴジラと戦い、人の尊厳を問う。このドラマを、どう完結させるかが、とても楽しみだったんだけど…。最終話より先に、結末のわかる番外編を、うっかり読んでしまったような、複雑な気分になった。さらに今回は怪獣対怪獣がメインで、人間は人間同士で争う。このためバトルシーンの臨場感が薄いのが残念。三部作のラストとしては、筋は通ってると思う。

最終更新日:2024-04-30 18:13:01

広告を非表示にするには