メアリと魔女の花 作品情報

めありとまじょのはな

明朗で快活、天真爛漫だが、不器用で毎日に不満を抱えている赤毛にそばかすの少女メアリ(声:杉咲花)。ある日、赤い館村に引っ越してきたメアリは、森で7年に一度しか咲かない不思議な花《夜間飛行》を見つける。それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”だった。一夜限りの不思議な力を手に入れたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学“エンドア大学”への入学を許可される。しかし、メアリがついたたったひとつの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく……。メアリは、魔女の国から逃れるため「呪文の神髄」を手に入れ、すべての魔法を終わらせようとするが、そのときメアリはすべての力を失ってしまうのだった。次第に明らかになる“魔女の花”の正体。メアリに残されたのは、一本のホウキと小さな約束。魔法渦巻く世の中で、ひとりの無力な人間・メアリが、暗闇の先に見出した希望とは何だったのか……。

「メアリと魔女の花」の解説

メアリー・スチュアートの児童文学を原作に「思い出のマーニー」の米林宏昌監督がアニメ映画化。7年に1度しか咲かない禁断の花“夜間飛行”を見つけた少女メアリ。一夜限りの不思議な力を手に入れた彼女は、雲海にそびえ立つエンドア大学への入学を許可される。声の出演は「無限の住人」の杉咲花、「恋妻家宮本」の天海祐希、「サバイバルファミリー」の小日向文世、「愚行録」の満島ひかり、「RANMARU 神の舌を持つ男」の佐藤二朗、「うさぎ追いし 山極勝三郎物語」の遠藤憲一、「お父さんと伊藤さん」の渡辺えり、「後妻業の女」の大竹しのぶ。脚本を米林宏昌と「かぐや姫の物語」の坂口理子が手がけ、音楽を「思い出のマーニー」からの再タッグとなる村松崇継が担当する。「かぐや姫の物語」「思い出のマーニー」のプロデューサー西村義明が立ち上げたアニメーションスタジオ『スタジオポノック』第一回長編作品。

メアリー・スチュアートの児童文学を原作に「思い出のマーニー」の米林宏昌監督がアニメ映画化。7年に1度しか咲かない禁断の花“夜間飛行”を見つけた少女メアリ。一夜限りの不思議な力を手に入れた彼女は、雲海にそびえ立つエンドア大学への入学を許可される。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年7月8日
キャスト 監督米林宏昌
原作メアリー・スチュアート
出演(声)杉咲花 神木隆之介 天海祐希 小日向文世 満島ひかり 佐藤二朗 遠藤憲一 渡辺えり 大竹しのぶ
配給 東宝
制作国 日本(2017)
上映時間 102分
TV放映 2023年12月15日 日本テレビ 金曜ロードショー

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:2.88点★★☆☆☆、8件の投稿があります。

P.N.「こういうの見たかったんだ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2019-02-17

ジブリからリストラされたメンバー、ポノックの一発目、とっても良かった。こういうファンだじー見たかったんだよジブリさん。そう思えた。色々被るシチュエーションは気になったので星が一つ少ないが久しぶりに楽しかった。あれを排除して学校から始めたらもっと良かった。
なぜこんなに評価が低いのか疑問。
しいて言えば、関係ないが、未来のミライを見てから感想を述べたほうがいい。
アニメを作ることは難しいと。

最終更新日:2024-02-14 18:08:56

広告を非表示にするには