仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス 作品情報

かめんらいだーかめんらいだーごーすとあんどどらいぶちょうむーびーたいせんじぇねしす

一度死んで蘇り、期限付きの命を燃やす青年・天空寺タケル(西銘駿)は、英雄の力を得て戦う仮面ライダーゴーストである。そしてロイミュードとのバトルを終え、ベルトさんに別れを告げた泊進ノ介(竹内涼真)=仮面ライダードライブ。共通の敵・眼魔を追う中で出会った二人であったが、突如時空の崩壊が起こり、10年前の世界に飛ばされてしまう。2005年12月19日。その日はタケルの父(西村和彦)が眼魔に殺された日の前日だった。父と再会したタケルは共に行動し、幼い自分と触れ合う中で、徐々に父の死に隠された謎に気付いていく。一方、進ノ介は、まだ“変身”というシステムも、進ノ介のことも知らないベルトさんと出会う。そんな中、過去へ“異物”が迷い込んだ影響で、現代では死んだはずのチェイスが蘇り、ドライブによって一度は滅びたはずのロイミュードが復活を遂げる。仮面ライダースペクター、仮面ライダーマッハ、そして大切なものを守って散った仮面ライダーチェイサーも現れ、必死に食い止めるがロイミュードの力はより強まっていた。ゴーストとドライブが現代に戻らなければ、人類が危ない。しかしタケルは父に魔の手が迫っていることを知り、過去に残り父を救う決意を固める。だがそれは眼魔の手によって蘇った世紀の大天才レオナルド・ダ・ヴィンチが仕掛けた罠であった……。

「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」の解説

平成ライダーシリーズ17作目『仮面ライダーゴースト』と16作目『仮面ライダードライブ』がタッグを組む特撮アクション。時空の崩壊により10年前の世界へ飛ばされたタケルと進ノ介。その日はタケルの父が眼魔に殺された日の前日だった……。監督は「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」の金田治。出演は『仮面ライダーゴースト』の西銘駿、「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」の竹内涼真、「帝都物語外伝」の西村和彦、「三文役者」の竹中直人、「異人たちとの夏」の片岡鶴太郎。劇場版「MOVIE大戦」シリーズの第7弾。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年12月12日
キャスト 監督金田治
原作石ノ森章太郎
出演西銘駿 竹内涼真 山本涼介 上遠野太洸 稲葉友 大沢ひかる 内田理央 柳喬之 吉井怜 浜野謙太 井俣太良 溝口琢矢 勧修寺玲旺 松島庄汰 馬場ふみか 蕨野友也 磯村勇斗 森下能幸 西村和彦 竹中直人 片岡鶴太郎
出演(声)クリス・ペプラー 悠木碧 高戸靖広 ケンドーコバヤシ じろう 長谷川忍
配給 東映
制作国 日本(2015)
上映時間 83分

「ゴースト&ドライブ」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-05-28 10:51:31

広告を非表示にするには