攻殻機動隊 新劇場版 作品情報

こうかくきどうたいしんげきじょうばん

2029年3月、総理大臣が暗殺される事件が起き、類まれなハッカースキルを持つ草薙素子(声:坂本真綾)の元上司である501機関のクルツも被害に遭う。草薙はバトー(声:松田健一郎)やトグサ(声:新垣樽助)といったはぐれ者たちと捜査をはじめるが、メンバーをパーツだと言い放ち反発される。捜査が進むにつれ、義体開発に大きく関わる技術的障害『デッドエンド』をめぐる政治的取引や、洗脳やゴーストへの侵入、疑似記憶の形成電脳ウィルス『ファイア・スターター』、さらに草薙の過去にも関することが事件に絡んでいることがわかる。事件の背景を掴んだ草薙は、メンバーに自分のゴーストに従うよう最後の命令を告げ、一人戦いに向かっていく。

「攻殻機動隊 新劇場版」の解説

1989年に発表された士郎正宗によるSF漫画『攻殻機動隊』は、その後映画やテレビアニメ、OVAとして映像化、国内外広く影響を与え続けてきた。そんな『攻殻機動隊』の誕生25周年を記念し制作された長編アニメーション。人が直接電脳につながることができるようになった近未来を舞台に、電脳犯罪を未然に防ぐ攻殻機動隊が結成された背景やリーダーの草薙素子の過去を描いていく。「攻殻機動隊ARISE」シリーズで組んだ総監督の黄瀬和哉と小説家の冲方丁が、本作でもタッグを組んでいる。監督は「劇場版 戦国BASARA-The Last Party-」の野村和也。アニメーション制作は「攻殻機動隊」シリーズを手がけてきたProduction I.G.。

士郎正宗の人気SFコミックを原作とした人気アニメの劇場版で、2013年から1年間劇場上映されたシリーズの総集篇。総理大臣暗殺事件が起きた2029年3月、公安9課の素子は寄せ集めのメンバーを率いて捜査を進め、やがて手がかりを?むが……。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年6月20日
キャスト 監督黄瀬和哉 野村和也
原作士郎正宗
出演(声)坂本真綾 塾一久 松田健一郎 新垣樽助 咲野俊介 中國卓郎 上田燿司 中井和哉 沢城みゆき
配給 東宝映像事業部
制作国 日本(2015)
上映時間 100分

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「攻殻機動隊 新劇場版」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-02-14 18:08:48

広告を非表示にするには