図書館戦争 THE LAST MISSION 作品情報

としょかんせんそうざらすとみっしょん

近未来の日本。国家による思想検閲やメディア規制が広まるのに対抗し、読書の自由を守るために図書館の自衛組織・図書隊が結成される。読みたい本を取り上げられそうになったところを図書隊隊員に助けてもらった笠原郁(榮倉奈々)は、その隊員に憧れ自ら図書隊に入隊。特殊部隊タスクフォースに所属され、非常に厳しい教官・堂上篤(岡田准一)や上官の小牧幹久(田中圭)、手塚光(福士蒼汰)や柴崎麻子(栗山千明)といった同期の仲間らとともに過酷な訓練と図書館業務にあたっていた。ある日堂上らのもとに、1冊しか現存していない自由の象徴である『図書館法規要覧』が展示される『芸術の祭典』の会場警備をするよう指令が下る。しかしこれは図書隊を解散させ社会を正そうとする手塚の兄・慧(松坂桃李)が仕組んだ罠で、検閲実行部隊『良化隊』による急襲を受けたタスクフォースは窮地に陥る……。

「図書館戦争 THE LAST MISSION」の解説

2013年に公開された映画「図書館戦争」に続き、有川浩の人気小説シリーズをもとに、国家による検閲や規制に対抗し読書の自由を守る防衛組織・図書隊の戦いと隊員たちの人間模様を描く。本作では図書隊を解散させようとする動きに隊員たちが翻弄されていく。「GANTZ」シリーズの佐藤信介監督をはじめ、脚本家の野木亜紀子や音楽を手がける高見優ら前作の制作陣が再集結。鬼教官と恐れられる堂上役の岡田准一、窮地を救ってくれた隊員に憧れ図書隊に入隊した笠原役の榮倉奈々らが引き続き出演するのに加え、「ツナグ」の松坂桃李、連続テレビ小説『まれ』の土屋太鳳らが参加。撮影には防衛省、陸上自衛隊、航空自衛隊が協力している。

自由に本を読むことが禁じられた近未来を舞台にした、有川浩原作小説の実写化劇場版第二作のアクション。メディア規制が横行する社会に対抗しつくられた、防衛組織図書隊。そこで日々の厳しい訓練に励む堂上篤や笠原郁の前に、新たな敵が現れる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年10月10日
キャスト 監督佐藤信介
原作有川浩
出演岡田准一 榮倉奈々 田中圭 福士蒼汰 西田尚美 橋本じゅん 土屋太鳳 松坂桃李 中村蒼 石坂浩二 相島一之
配給 東宝
制作国 日本(2015)
上映時間 120分

(C)2015“Library Wars-LM-”Movie Project

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、12件の投稿があります。

P.N.「バインダー」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2016-01-03

郁と堂上の絡みも絶妙でした~?ミリタリー×恋愛、たまらない!BOMのほうが甘かったかな?笑 手柴、小毬、玄折も進展してる…!郁たちが本を、自由を、大切な人を、命をかけて守る様子は「守り抜く、何度でも。」にぴったりはまっていました泣泣佐藤監督、野木先生、有川先生ありがとうございました!!そして…続編に期待してます!!!!

最終更新日:2024-05-28 10:51:55

広告を非表示にするには