摂氏100℃の微熱 作品情報

せっしひゃくどのびねつ

瀬戸内海東部に浮かぶ淡路島に暮らす千波(平愛梨)には恋人がいたが、ある日彼が浮気しているところを目にする。結婚を意識していただけに強くショックを受ける千波は、さらに仕事も失う。八方ふさがりの中、東京から来たという青年(青柳翔)と出会う。千波が仕事を探さなければならない状況であることを知った彼は、自分の家で働かないかと声をかける。彼は由緒正しい名家・五十嵐家の御曹司だった。住む世界が全く異なるもののいつしか惹かれあうようになっていく二人だったが……。

「摂氏100℃の微熱」の解説

瀬戸内海東部に浮かぶ淡路島と神戸を舞台に、恋も仕事も失った女性と名家の御曹司とが生まれの違いや壁を乗り越え惹かれあう清純なラブ・ストーリー。E★エブリスタ電子書籍大賞2013で三交社賞および読売テレビ賞をダブル受賞した野咲あやの同名小説を映画化。監督は、テレビドラマ『夢をかなえるゾウ』の演出や『秘密諜報員 エリカ』のプロデューサーを経て「ワーキング・ホリデー」で映画監督デビューを果たした岡本浩一。兵庫県出身で「20世紀少年」シリーズなどに出演した平愛梨が阪神淡路大震災の時のトラウマを消すことができない女性を、劇団EXILEのメンバーで「東京難民」などに出演する青柳翔が彼女を家に雇い入れる御曹司を演じる。

兵庫県出身の平愛梨が阪神・淡路大震災のトラウマを抱える女性を繊細に演じた『E★エブリスタ電子書籍大賞2013』受賞作の映画化。恋人の浮気や解雇のため失意のどん底にいた、淡路島で暮らす29歳の千波は名家の御曹司を名乗る青年と出会う。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年1月24日
キャスト 監督岡本浩一
原作野咲あや
出演平愛梨 青柳翔 遠藤要 ちすん 上野なつひ 松田洋昌 川畑泰史 宮田圭子 里見まさと
配給 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
制作国 日本(2014)
上映時間 80分

(C)2014「摂氏100℃の微熱」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「摂氏100℃の微熱」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-05-28 10:51:40

広告を非表示にするには