宇宙戦艦ヤマト2199 第二章 太陽圏の死闘 作品情報

うちゅうせんかんやまとにいちきゅうきゅうだいにしょうたいようけんのしとう

人類最後の希望を背負って発進した宇宙戦艦ヤマトは、遥か16万8000 光年の彼方にあるイスカンダルへの旅を開始する。火星軌道では、木星圏に向けてワープシステムのテストを実施したものの、エンジントラブルが発生。やむなく、木星に浮遊する謎の大陸に着陸して修理を行っていたところ、ガミラスの襲撃を受ける。この危機を救ったのは、新兵器・波動砲だった。続いて、救難信号を受信して立ち寄った土星の衛星エンケラドゥスでのガミラス偵察揚陸艦との交戦を経て、冥王星に辿り着く。ここには、地球を壊滅させた遊星爆弾の発射基地が存在していた。ガミラス基地への攻撃を決意する沖田艦長(声:菅生隆之)。航空隊との連携作戦が始まるが、逆にシュルツ司令官(声:島香裕)率いるガミラス軍の秘密兵器・反射衛星砲の長距離攻撃を受けて損傷。コントロールを失ったヤマトは、冥王星の海に沈んでしまう。やむなく、航空隊による敵基地探索を続けるうちに、古代(声:小野大輔)は冥王星を彩るオーロラの中から敵機が出現することに気づく。反射衛星砲の攻撃をかいくぐり、ヤマトの反撃が始まる。

「宇宙戦艦ヤマト2199 第二章 太陽圏の死闘」の解説

名作SFアニメーション『宇宙戦艦ヤマト』を全26話でリメイクしたシリーズを、数話単位で劇場公開してゆくイベント上映の第2弾。宇宙戦艦ヤマトが太陽系内で死闘を繰り広げる。声の出演は「劇場版ヤッターマン 新ヤッターメカ大集合!オモチャの国で大決戦だコロン!」の菅生隆之、「とある飛空士への追憶」の小野大輔。

ガミラスとの戦いを繰りひろげながら、惑星イスカンダルへと向かう宇宙戦艦ヤマトのクルーたち。ガミラスの冥王星基地を攻撃する彼らだが、反射衛星砲によって返り討ちにされる。コントロールを失ったヤマトは冥王星の海へと沈んでいく。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年6月30日
キャスト 原作西崎義展
出演(声)菅生隆之 小野大輔 桑島法子 鈴村健一 大塚芳忠 麦人 千葉繁 細谷佳正 赤羽根健治 國分和人 千葉優輝 チョー 田中理恵 佐藤利奈 平川大輔 藤原啓治 土田大 伊勢文秀 高城元気 山寺宏一 秋元羊介 島香裕 宮本充 江原正士 玄田哲章 石塚運昇 小川真司 井上喜久子
配給 松竹
制作国 日本(2012)
上映時間 98分
公式サイト http://yamato2199.net/index_theater.html

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「宇宙戦艦ヤマト2199 第二章 太陽圏の死闘」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-04-30 18:12:59

広告を非表示にするには