メサイア 作品情報

めさいあ

20XX年、“北方連合”と“東連邦”の2大勢力に分断された世界では、熾烈な情報戦が繰り広げられていた。日本は救世主となるべく、警察省警備庁・特別公安局外事五係、通称“サクラ”というスパイを養成する。サクラは過去も国籍も持たず、友と心を通わせることや、任務に失敗したサクラを救うことも許されない。そんなサクラの一員である海棠鋭利(荒井敦史)は、相棒・御津見珀(井上正大)とともに、聖永学園に潜入する。北方連合のテロリスト・島田朝和(細貝圭)の弟・文和(高橋龍輝)を監視するためだ。聖永学園は少数精鋭の全寮制高校で、生徒の自主・自治制を重んじている。そのため、生徒会長の総島惣一郎(加藤慶祐)を中心とした生徒会執行部が学園の規律と秩序を守るという名目で、学園全体を牛耳っていた。鋭利は指令通り文和と親しくなるが、次第に文和に対して本当の友情を感じ始める。そんなとき、朝和から文和に、暗号めいたメールが届く。文和との友情をとるか、任務の遂行をとるか、鋭利の心は揺れ動く。

「メサイア」の解説

ドラマCD、高殿円による小説『メサイア 警備局特別公安五係』、日吉丸晃による漫画連載を経て実写映画化された少年スパイ・サスペンス。監督は、「デスノート」の金子修介。出演は、「ポールダンシングボーイ☆ず」の荒井敦史、「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」の井上正大、「魔法少女を忘れない」の高橋龍輝。

ドラマCD、小説、コミックなど、メディアをまたいで人気を博すヒット・シリーズを実写映画化。“北方連合”と“東連邦”の2大勢力に分断された近未来を舞台に、熾烈な情報戦に身を投じる若者たちの戦いをダークなテイスト満載で描き出す。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年10月15日
キャスト 監督金子修介
原作黒田洋介
出演荒井敦史 井上正大 木ノ本嶺浩 陳内将 松田悟志 高橋龍輝 逢沢りな 颯太 中村有沙 新田匡章 細貝圭 加藤慶祐 小沢真珠
配給 ファントム・フィルム
制作国 日本(2011)
上映時間 93分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「メサイア」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-02-14 18:09:01

広告を非表示にするには