冷血の罠 作品情報

れいけつのわな

渋谷区桜ヶ丘で探偵を営む藤原の依頼人・須田久子が、何者かによって殺害された。更に、少女がビルの屋上で惨殺されるという事件が発生する。そんなある日、数年前に自殺した妹の元夫・花園と再会した藤原は、妹の自殺の原因が花園の浮気だけでなく、何者かに暴行されたことにあったと聞かされて愕然となる。そして、未だに捕まっていない犯人を個人的に捜しているという花園から、調査の続きを依頼されるのであった。桜ヶ丘で起こったあらゆる事件を調べることで犯人に近づこうと考えた花園が、5年がかりで作成した綿密なメモと事件発生現場を記した詳細な犯罪地図を渡された藤原は、事件の起った場所を検証して歩く。だが、犯人の手がかりは一向に掴めない。そんな時、調査の依頼後失踪していた花園から1本のビデオが届く。そこには犯人を捜して夜の町を徘徊するうち、いつしか人を襲い逃げる快感に酔いしれる犯人の気持ちに同化するようになった花園の独白と共に、殺された須田久子の姿が映っていた…。その後、犯人と思しき容疑者の情報が花園から藤原に送られてくるようになり、藤原は遂に犯人を追いつめるが、犯人は藤原の目の前で首を縊ってしまう。漸く妹を死に追いやった男に復讐を遂げた藤原。しかし、そんな彼に花園は犯罪地図に事件の予告をするようになっていく。そして、予告通りに殺人を繰り返し、締めくくりに不倫相手である由子を桜ヶ丘で殺して地図を完成しようとする。だが、由子は自宅の二階から飛び降りて自殺。計画を狂わされた花園は、藤原を殺すべく桜ヶ丘へ向かうが、花園の狂気の暴走を止めようと待ちかまえていた藤原によってのされてしまうのであった。

「冷血の罠」の解説

渋谷区桜ヶ丘を舞台に、ひとりの女性の自殺の原因を巡って、因縁ある2人の男が対峙するサイコ・ミステリー。監督は「汚れた女」の瀬々敬久。藤原智美による原作『恋する犯罪』を、「百年の絶唱」の井土紀州と瀬々が共同脚色。撮影を「修羅がゆく7 四国烈死篇」の林淳一郎が担当している。主演は「借王4」の哀川翔と「アートフルドヂャーズ」の西島秀俊。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 1998年7月11日
キャスト 監督瀬々敬久
原作藤原智美
出演哀川翔 西島秀俊 黒沢あすか 下元史朗 田中要次 朝岡実嶺 川屋せっちん 安城久美子 川瀬陽太 松江ようこ
配給 大映
制作国 日本(1998)
上映時間 99分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「冷血の罠」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-05-18 02:00:01

広告を非表示にするには