宵待草 作品情報

よいまちぐさ

頃は大正、浅草六区の活動写真館の弁士、黒木大次郎を首領株に「ダムダム団」というアナーキストの集団があった。弁士見習いの平田玄二が副団長格で、井上他十数名の団員がいた。成金代議士・谷川武彦の息子で大学生の国彦もいつしか彼らの仲間になっていた。ある日、温泉場行の乗合馬車で国彦は令嬢風の娘しのに会い、撞球場で虚無的な男、北天才と知り合った。北は国彦を料理屋に誘い痛飲した挙句、翌朝姿を消した。のんびり床を起き出して散歩していた国彦は、しのと会った。二人は散歩の道すがら大木で首を吊っている北を発見した。その夜、北の通夜に参列した国彦はしのと顔を合わせた。彼女には昼間同様、影の如く山口という男がついていた。翌日、しのが東京へ帰ったのを知った国彦は、後を追うように東京へ帰り、玄二を訪ねた。国彦は浅草六区を縄張りにしている女スリのお新に紹介された。その夜三人は夜遅くまで痛飲した。交番襲撃に失敗したダムダム団は、今度は政界の黒幕北条寺の孫娘を誘拐した。その娘を見た国彦は驚いた。しのだったのだ。ところが彼女は誘拐とはつゆ知らず、国彦が自分を口説くために友人を使ったと思っていた。その夜、ようやく二人は愛を確めあうのだった。それを知った仲間は驚いたが、それでも身代金奪取の計画はやめなかった。数日後、山口ら屈強の男たちを護衛にして身代金を持った北条寺がしのを引き取りに来た。乱闘となり、そのどさくさにまぎれて玄二と国彦は身代金を奪い、しのを連れて脱出した。しかしトランクの中は少々の札と新聞紙の束。右翼と左翼の両方から追われる立場になった玄二と国彦、祖父をふりきって来たしの。追われる三人は、丁度、玄二の友人が監督する活動写真のロケ隊に会った。そこで三人は撮影に使っていた気球に便乗した。しかし林の中へ着陸した三人に、黒木たちが追いついた。凄惨な内ゲバが始った。玄二の剣は冴えた。国彦の腕の中でしのは腰を抜かした。東北の貧村の玄二の故郷をめざして三人の旅は続いた。宮様が来るという城下町で、三人は銀行を襲い現金を強奪して、玄二の実家へ辿り着いたものの弟の嫁に銀行強盗を見破られ、飛び出した。日本がダメなら満州があるさ。三人は港町へ行った。そのころ東京で黒木が政府の要人を襲い殺された。玄二は泣いた。そんな玄二が哀れで、しのは玄二に身をあずけた。翌朝、玄二は黒木の意志を継ぐべく、東京へ戻りテロを敢行、射殺された。国彦は一人で満州行きの船に乗りこんだ。だがその船にいたのは山口だった。山口の拳銃がうなり、国彦は死んだ。無人の浜に一人でたわむれるしの。真赤な太陽が沈み、浜は一面に月見草が……。

「宵待草」の解説

“無政府主義者”が暗躍した大正時代を背景に、若者と政治家令嬢との逃避行を描く。脚本は「青春の蹉跌」の長谷川和彦、監督は「赤線玉の井 ぬけられます」の神代辰巳、撮影も同作の姫田真佐久がそれぞれ担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 1974年12月28日
キャスト 監督神代辰巳
出演高橋洋子 高岡健二 夏八木勲 青木義朗 吉田次昭 芹明香 仲谷昇 司美智子 浜村純 粟津號 丘奈保美 荻島真一 原田千枝子 長弘 江角英明 殿山泰司
配給 日活
制作国 日本(1974)
上映時間 96分

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「オーウェン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-05-12

この神代辰巳監督の映画「宵待草」で描かれる時代は大正時代。
アナーキズムにかぶれる青年とテロリストが令嬢を誘拐、そしてこの三人の不思議な逃避行が始まる。

「宵待草」に始まり、古びた流行歌をひたすら呟き声で歌い続け、道中でどんでん返しをし、体を求め合い、ススキ野を旅する彼らの佇まいは、どのカットも、胸がざわつく瑞々しさに溢れている。

高橋洋子、高岡健二、夏八木勲という、本能で神代辰巳監督の演出に応える肉体派の役者たちと、晩秋の刻々と変化する風景を、凄まじい美で切りとる姫田真佐久のカメラ。

気球で空を逃亡する、広々とした爽快感の後、地上に降り立ち、そのまま内ゲバが展開する、躍動的な長いワンカットは、まさに奇跡的な映像だ。

革命に走る若者のやるせない道行きを描く、さすらう映画の最高峰とも言える映画だと思う。

最終更新日:2024-05-22 16:00:02

広告を非表示にするには