ラブ・ストーリーを君に 作品情報

らぶすとーりーをきみに

大学の山岳部員上條明は、以前家庭教師をしたことのある広瀬由美と偶然新宿の路上で再会した。私立中学の2年で14歳になる彼女は大人っぽく綺麗になっていた。ある日由美の母・友子は大学病院の医師・千葉から、娘が白血病であと半年の命しかないことを知らされる。夫と別れてから女手一つで育ててきた友子は娘に残りの人生を自由に豊かに送らせてやりたいと思い、由美が兄のように慕う明に恋の相手を頼んだ。明は戸惑うが、友人として出来る限りの協力をすることにした。しばらくは由美の病状も変化はなく平穏な日々が続いたが、初夏を迎えて明が教育実習のため長野へ帰省するという日に、由美が学校で倒れた。友子の友人・吉野琴のもつ軽井沢の別荘で療養することになった由美は、時折明の教える中学を訪ねた。そして自分の病気に不安を抱きながらも、明と一緒にいることで安堵するのだった。明るく楽しそうな由美を見て、明は死の訪れる瞬間まで由美と共に生きようと思った。夏が終わり東京へ戻ると、由美は病院で集中治療を受けなければならないほど病状が悪化していた。入院が近づいた日、明と由美はホテルのディナーショーや山岳部のコンパで楽しんだ。その帰り道、由美は明に「もっと生きたい」と自分の感情をぶちまけた。別れた父とも再会を果たした由美を、明は登山に誘い、医師や友子も賛成してくれた。ロープウェイで穂高の中腹まで登り、頂上を目指す2人。息をはずませながらも楽しそうに微笑む由美はまた上に登ろうとするが、明は途中で由美をおぶって下山することにした。明は「やるだけやったじゃないか」と声をかけるが、由美は熱に浮かされていてほとんど反応がない。「明さんのお嫁さんになりたい」と呟く由美に、「もうお嫁さんじゃないか」と答える明。やがて2人の姿は山裾へと消えた。そして由美の部屋の机の上にはひっそりと花の鉢植えが置かれ、穂高の中腹には由美が明との登山の記念にと積み上げたケルンが残された。

「ラブ・ストーリーを君に」の解説

白血病に冒された少女と、それを見守る青年との純愛を描く。ディディエ・ドゥコワン原作の小説「眼れフローレンス」の映画化で、脚本は「紳士同盟」の丸山昇一が執筆。監督は「恋人たちの時刻」の澤井信一郎、撮影は「この愛の物語」の仙元誠三がそれぞれ担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 1988年3月5日
キャスト 監督澤井信一郎
原作ディディエ・ドゥコワン
出演後藤久美子 仲村トオル 佐藤友美 柳沢慎吾 なべおさみ 河合美智子 山下亜紀 日下由美 志水季里子 三田佳子 高峰三枝子 内田稔 草薙幸二郎 伊藤克信 ベンガル 戸浦六宏 丘みつ子 岸洋子 露口茂 緒形拳
配給 東映
制作国 日本(1988)
上映時間 104分

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「寿がきやラーメン食べたい!」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-07-11

小学生の頃に、ゴクミの大ファンだったので、映画館に観に行って帰り際にパンフレットを購入した記憶を思い出すと浮き浮きして、懐かしくて嬉しい気持ちになってしまいます。
小学生なのに、母親役の女優さんのハスキーな声が魅力的だと思いながら観ていたのも覚えています。
何となく気になり調べた事が理由でロケ地を、数分前になって知りました。
空気が綺麗な場所という印象しか無かったけれど、ロケ地に
行ってみたい!と思ってしまいました。
登山の格好をしているシーンを見ると、違うキャンプの話の映画も視たくなったり、キャンプに行きたくなってしまいます。
人から「変わった人」と言われても、私にとってゴクミは永遠の
憧れです。

最終更新日:2024-07-15 11:00:01

広告を非表示にするには