ピアノ・レッスン 作品情報

ぴあのれっすん

ピアノ・レッスンのイメージ画像1
ピアノ・レッスンのイメージ画像2

スコットランドからニュージーランドへ、エイダ(ホリー・ハンター)は入植者のスチュワート(サム・ニール)に嫁ぐために、娘フローラ(アンナ・パキン)と一台のピアノとともに旅立った。口がきけない彼女にとって、ピアノはいわば分身だった。だが、迎えにきたスチュアートはピアノは重すぎると浜辺に置き去りにする。スチュワートの友人で原住民のマオリ族に同化しているベインズ(ハーヴェイ・カイテル)は、彼に提案して自分の土地とピアノを交換してしまう。ベインズはエイダに、ピアノをレッスンしてくれれば返すと言う。レッスンは一回ごとに黒鍵を一つずつ。初めはベインズを嫌ったエイダだったが、レッスンを重ねるごとに気持ちが傾いていった。2人の秘密のレッスンを知ったスチュワートは、エイダにベインズと会うことを禁じる。彼女はピアノのキイにメッセージを書き、フローラにベインズへ届けるように託す。それを知って逆上したスチュワートはエイダの人指し指を切り落とす。だが、彼女の瞳にベインズへの思慕を読み取った彼は、ベインズに2人で島を去るがいいと言う。船出してまもなくエイダはピアノを海に捨てた。エイダ、ベインズ、フローラの3人は、とある町で暮らし始めた。エイダは今も時々、海中に捨てられたピアノの夢を見る。

「ピアノ・レッスン」の解説

19世紀半ばのニュージーランドを舞台に、ひとりの女と2人の男が一台のピアノを媒介にして展開する、三角関係の愛のドラマ。「スウィーティー」「エンジェル・アット・マイ・テーブル」に続くニュージーランド出身の女流監督ジェーン・カンピオンの長編第3作。製作はジェーン・チャップマン、撮影は「エンジェル・アット・マイ・テーブル」のスチュアート・ドライバー。音楽は「髪結いの亭主」のマイケル・ナイマンで、演奏はミュンヘン・フィルハーモニック(ピアノ・ソロはホリー・ハンター)。美術は「幸せの向う側」のアンドリュー・マッカルパイン、編集は監督の前2作も手がけたヴェロニカ・ジネット、衣装はジャネット・パターソンが担当。主演は「ザ・ファーム 法律事務所」のホリー・ハンター、「ライジング・サン」のハーヴェイ・カイテル、「ジュラシック・パーク」のサム・ニール。共演はオーディションで選ばれた子役のアンナ・パキンほか。93年度カンヌ映画祭パルムドール賞(オーストラリア映画として、また女性監督として初)、最優秀主演女優賞(ハンター)受賞作。93年度アカデミー賞脚本賞、主演女優賞(ハンター)、助演女優賞(パキン)受賞。4Kデジタルリマスター版が、2024年3月22日より全国劇場公開(配給:カルチュア・パブリッシャーズ)。

ピアノ・レッスンのイメージ画像2

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 1994年2月19日
キャスト 監督ジェーン・カンピオン
出演ホリー・ハンター ハーヴェイ・カイテル サム・ニール アンナ・パキン ケリー・ウォーカー ジュネヴィエーヴ・レモン タンギア・ベイカー イアン・ミューン
配給 フランス映画社
制作国 オーストラリア(1993)
年齢制限 R-15
上映時間 121分
公式サイト http://www.culture-pub.jp/piano/

(C)1992 Jan Chapman Productions and CIBY 2000

動画配信で映画を観よう! [PR]

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、5件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-11-01

NHKBSプレミアム・シネマ放映のミシェル・ファイファー主演の映画「アンカーウーマン」を観てると本ホリー・ハンターがヒロインを演じた劇映画「ブロードキャスト・ニュース」が一頻り想い出された。此方はTV番組制作部と云う裏方だから先のヒロインの華やかさは無いけれど、ウイリアム・ハートのイケメンのレポーターとのコンビネーションが絶妙で、ヴィム・ヴェンダース監督のお気に入りの一本見たい何だね

最終更新日:2024-06-19 02:00:02

広告を非表示にするには