トム・ジョーンズの華麗な冒険 作品情報

とむじょーんずのかれいなぼうけん

トム・ジョーンズ(アルバート・フィニー)は、大地主オールワージー(ジョージ・ディヴァイン)の捨子だが、親は召使いのジュニーとお抱え床屋の子とされて、親達は追放され、オールワージーの養子として育てられた。オールワージーの一人息子ブリフィルは、トムとは対照的な模範青年で陽気な暴れん坊のトムとは気が合わない。女に弱いトムは、オールワージー家の猟番をしているブラックの娘モーリー(ダイアン・シレント)などと噂が立つ。そんなトムはある日大地主ウェスターン(ヒュー・グリフィス)の娘ソフィー(スザンナ・ヨーク)を、狂い走る馬上から救い、自らは右肩骨折で失神し、ウェスターン家にとどまる内に、二人は愛し合うようになった。トムが家へ帰ってみると、オールワージーは重傷、妻ブリジッドは絶命していた。トムを嫌う二人の家庭教師がトムの乱行を捏造して、つげロし、オールワージーはしぶしぶトムに勘当を言い渡した。トムはロンドンへ旅立った。これを知ったソフィーも後を追う。ロンドンへの道中、女にもてるトムは、たび重なる女難にうんざりする。トムの心には最早ソフィー以外の何ものもなかった。ある日トムは、前にふとしたことから、誤解を受けた男におそわれて相手を殺してしまう。トムは、目撃者の偽証言で死刑台に送られた。ふとしたことからトムの忠僕になった床屋は、事の真相のすべてを説き、これを知ったオールワージーは、その正当防衛であったことを、偽証した者とともに刑場にかけつけ、無事助け出した。ソフィーはトムの腕に抱かれた。

「トム・ジョーンズの華麗な冒険」の解説

ヘンリー・フィールディングの原作『トム・ジョーンズ』をジョン・オズボーンが脚色、「長距離ランナーの孤独」のトニー・リチャードソンが製作・監督した風俗ドラマ。撮影は「エレクトラ」のウォルター・ラサリー、音楽をジョン・アディソン、美術をテッド・マーシャルがそれぞれ担当した。出演者は、「勝利者」のアルバート・フィニー、「フロイド」のスザンナ・ヨーク、「ベン・ハー」のヒュー・グリフィス、「女優志願」のジョーン・グリーンウッド、「六年目の疑惑」のダイアン・シレント、他にジョージ・ディヴァイン、フランキー・ハワードなど。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督トニー・リチャードソン
原作ヘンリー・フィールディング
出演アルバート・フィニー スザンナ・ヨーク ヒュー・グリフィス エディス・エヴァンス ジョーン・グリーンウッド ダイアン・シレント ジョージ・ディヴァイン デイヴィッド・トムリンソン フランキー・ハワード
配給 UA
制作国 イギリス(1963)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「オーウェン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-05-19

この映画「トム・ジョーンズの華麗な冒険」は、1963年度のアカデミー賞、ゴールデングローブ賞で最優秀作品賞を受賞した、英国の鬼才トニー・リチャードソン監督の作品。

この映画の前年の「長距離ランナーの孤独」で注目された、英国の俊英トニー・リチャードソン監督が、18世紀の通俗的な長編小説を原作に、快調なテンポと才気煥発な演出で仕上げた、冒険コメディの傑作だと思います。

大地主に育てられた捨て子が、女好きの調子の良い青年に育ち、女難濡れ衣やらの冒険を重ねて、危機一髪のところでハッピーエンド。

いかにもお気楽な風俗劇だが、"怒れる若者"の代表格と目された、社会派のトニー・リチャードソン監督が、一転、娯楽的な題材を才気いっぱいに撮った作品だけに、オスカー、ゴールデングローブのダブル受賞となったのだ。

私がこの映画で、特に注目したのは、精力旺盛、女好きで義侠心に富む、ユニークな放蕩児のトム・ジョーンズというヒーローを、生き生きと明るく演じたアルバート・フィニーだ。 彼は英国王立演劇学校出身のシェイクスピア役者という、まさに英国男優のエリート・コースの出身で、若い頃、ローレンス・オリヴィエの再来と注目され、同期にピーター・オトゥール、アラン・ベイツという役者がいましたね。 彼は、デヴィッド・リーン監督の「アラビアのロレンス」の主役のロレンス役のオファーを受けながら断り、ピーター・オトゥールに変更になったという逸話が残っていますね。 彼はその後も「いつも二人で」「クリスマス・キャロル」「オリエント急行殺人事件」「火山のもとで」「ドレッサー」等の数々の作品で、演技派俳優として活躍しましたね。

最終更新日:2024-05-21 16:00:02

広告を非表示にするには