多羅尾伴内 鬼面村の惨劇 作品情報

たらおばんないおにづらむらのおさんげき

信州の一寒村“鬼面村”で起こる連続殺人事件を追う多羅尾伴内の活躍を描く、シリーズ2作目

信州赤石山脈の裾野にある村の豪農、雨宮家では、当主剛蔵、歌江婦夫の次女、真理子の結婚式を明日に控え、長女千尋も、妹の結婚式に出席するため、二十年ぶりに実家に帰ってきた。その夜、明日は花嫁になる筈の真埋子が殺され、その死体には、面半分が真赤な絵具で塗られた鬼面がくくりつけられていた…。

「多羅尾伴内 鬼面村の惨劇」の解説

シリーズ二作目の今回は、信州の一寒村“鬼面村”で起こる連続殺人事件を追う多羅尾伴内の活躍を描く。脚本は「トラック野郎 男一匹桃次郎」の掛札昌裕、監督は「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の山口和彦、撮影は「多羅尾伴内」の出先哲也がそれぞれ担当。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督山口和彦
出演小林旭 渥美國泰 北林早苗 北川たか子 鈴鹿景子 鈴木敦子 和田瑞穂 遠藤薫 長谷川真砂美 章文栄
制作国 日本(1978)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「多羅尾伴内 鬼面村の惨劇」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:57:40

広告を非表示にするには