2017年6月 第2週の映画ランキング

今週のランキングは、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(ワーナー)が、土日2日間で動員23万3500人、興収3億2100万円をあげ初登場1位を飾った!

集計日付:2017年6月10日~6月11日

 今週の映画動員ランキングは、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(ワーナー)が、土日2日間で動員23万3500人、興収3億2100万円をあげ初登場1位を飾った。時効に守られ、絶対に捕まえられない美しき殺人犯・曾根崎に「デスノート」「藁の楯」「僕だけがいない街」の藤原竜也。22年前、逮捕寸前まで犯人を追い詰めながらも取り逃がした刑事・牧村に、「海猿」シリーズ、「悪の教典」の伊藤英明。さらに、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一ら若手実力派俳優陣と、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオルをはじめとするベテラン演技派俳優陣が競演。監督は「ジョーカー・ゲーム」の入江悠。

  上戸彩と斎藤工が禁断の恋人を演じ話題となったテレビドラマ「昼顔 平日午後3時の恋人たち」の劇場版『昼顔』(東宝)は、土日2日間で動員21万人、興収2億9400万円をあげ2位でスタート。配給元の東宝によると、8割以上が女性、20代から50代の幅広い層の女性の支持を集めており、9割近い観客が2014年放送のドラマを鑑賞していたとのこと。作品の満足度も87.7%と高く、レディスディを中心に平日の動員にも期待がかかる。

  ほか新作では、『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』(エイベックス・ピクチャーズ)が、7位に初登場。アーケードゲームからアニメ化された「プリティーリズム・レインボーライブ」のスピンオフ作品として昨年大ヒットした劇場版アニメ「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(2016年1月9日公開)のシリーズ第2弾。公開前日の9日には、前作やシリーズ傑作選と本編を鑑賞できる「おさらい&最速上映会」が、10日にはキャストや監督が登壇する舞台挨拶のライブビューイングが行われるなどして初日を盛り上げた。現在公開中の56サイトに続き7月22日より新たに28サイトでの公開が決定している。

  『美女と野獣』(ディズニー)は、土日2日間で動員20万5000人、興収2億8700万円をあげ、3位にランクイン。惜しくも8週連続1位とはならなかったが、動員対比で先週の94.6%をキープしており、勢いは全く衰えていない。累計興収は109億6000万円となり、「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」(2007年5月25日公開、最終興収109億円)を抜いて、歴代興収ランキング25位につけている。

最終更新日:2017-06-20 15:30:08

広告を非表示にするには